「環境学習講座」と一致するもの

講座名:「2030SDGSカードゲーム体験から地球温暖化対策を考える」
開催日時:令和2年1月26日(日)14:00~17:00 
開催場所:葛巻総合センター2階 産業経営相談室(葛巻町葛巻16-1-1)
参加無料 定員20名
ファシリテーター:高野 嘉明氏(2030SDGs公認ファシリテーター)
気候変動の話:下天广 浩氏(岩手県地球温暖化防止活動推進員)
主催:くずまき環境パートナーシップ
共催:環境学習交流センター/岩手県地球温暖化防止活動推進センター
概要:地球温暖化は遠い場所や未来の話ではなく、今まさに直面している問題です。地球温暖化の現状や対策、岩手県内の取り組みなどを知り、みんなで2030SDGSカードゲームを体験することで、一人一人が何かできることを考えてみる講座です。
詳しくはチラシを参照
0001.jpg
 

 イベント名:冬休み親子体験講座 太陽光発電のLEDランタン工作体験
日時:1221日(土)1回目:10151045 2回目:11001130
場所:環境学習交流センター
参加者:第一回目:親子23名 第二回目:親子21名(LEDランタン30個)

テーマ:自然エネルギー(太陽光発電LEDランタン工作)
講師:高橋 功氏(岩手県地球温暖化防止活動推進員)
①自然エネルギー・太陽光発電についての説明
LEDランタン作りの手順
③ランタン作り
④講座アンケート、エコチェックアンケート、皆で取り組みエコアクションアンケートクイズ形式(景品あり)
 第1回目・2回目とも満席となり賑やかな環境学習講座となった。
参加者の中には最年少3歳(もう少しで4歳となる子ども)のお子様も2名ほど参加しておりましたが、保護者の方、学生のサポートで楽しくLEDランタン作りを行うことができたようです。LEDランタン工作を通して自然エネルギーについて学ぶ機会ともなりました。
 ランタン作り終了後全員に講座アンケート、エコッチェックアンケート、皆で取り組むエコアクションに参加していただき身近なecoの取組についても理解を深め温暖化についても関心を持っていただく機会となりました。

IMG_3019.JPG IMG_3003.jpg IMG_2999.jpg IMG_3001.jpg IMG_3002.jpg IMG_2991.jpg

 12月環境学習講座 クリスマスリースを作ってみよう!
日時:1215()9001200
場所:千厩みなみ交流センター
参加者:小学生親子5名、一般大人2
テーマ:地域の自然、地域の宝発見

【内容】
千厩小梨地区シリーズ2回目
地域の植物を使ってクリスマスリース作りを通して地域の自然・人材を発見しよう!
講師:尾形香氏(自然観察指導員、木工工作指導等、(有)尾形建設)
①スタッフ自己紹介、参加者自己紹介
②講師尾形氏自己紹介
③リース作りの前に安全管理注意事項
④リース作り
●材料・リース作りについて講師より説明
蔓性植物、蔓梅もどき、ヒバ、南天の実(赤、白)、松ぼっくり、ドイツトウヒ、クリスマスの木の松ぼっくり等講師の尾形氏より提供。
センターからアメリカアカナラのどんぐり、ドングリの帽子、コナラのどんぐり、押し葉各種、夏椿、椿の皮、椿の実、エビフライ(リスが食べた松ぼっくり)、押し葉各種提供
小梨市民センターよりグルーガン、ボンド、マスキングテープ、シール、リボン、ビーズ、など提供されました。
●たくさんの蔓性植物を講師の尾形香氏が集めてくれました。

IMG_2904.jpg

●いよいよリース作り、蔓性植物をリースに・・・悪戦苦闘
きれいな輪にするのはなかなか難しいですね。

IMG_2914.jpg IMG_2906.jpg 

●思い思いの木の実やリボンを使って素敵な作品の出来上がり。
IMG_2930.jpg IMG_2918.jpg IMG_2920.jpg IMG_2924.jpg
地域の自然、地域の人材と触れ合いながらリース作りを行うことができた。

 


 

 2030SDGsカードゲーム体験から地球温暖化対策を考える終了しました。
開催日:1124日(日)13001600
場所:環境学習交流センター
参加者 一般15名 IBC取材 夕方のニュースで放映
①気候変動の話
SDGS17の目標概要
 SDGSカード体験
 ふりかえり
③主催者雫石環境パートナーシップ代表より「チョウセンアカシジミの環境保全活動」報告

SDGSとは「持続可能な開発目標」の略称、国連加盟国が2016年から2030年の15年間で達成するために掲げた目標である。
17の目標値169野ターゲットで構成されている。
ゲーム体験それぞれが与えられたミッションを達成するために行動。経済が発展するとともに環境の指標が下がる等、環境、経済、社会のバランスを考えながらそれぞれのミッションを達成するにはパートナーシップが必要である。カードゲームではあるが現在の社会状況が反映されている。ゲームでは目標達成した人からお金や時間をもらうことができるが、現実的にはどうなのかと考えさせられた。
 雫石環境パートナーシップ高橋良和氏によるチョウセンアカシジミの保護活動について
20年来自主的保護活動を行ってきた。2年前会社退職と同時に合理的な保護を開始した。この蝶の生息にはデワノトリネコの存在が必須条件で蝶の生存環境を整えるためのデワノトリネコの樹木の保護も大切。保護活動のリスクとして、後継者不在による生存リスクなどがあげられ、今後は後継者を探さなければいけないと話された。

 

セミナーの様子
IMG_2794.jpg
 

 11月環境学習講座
タイトル:「2030SDGSカードゲーム体験から地球温暖化対策を考える」
開催日:令和元年11月24日(土)13:00~16:00
開催場所:環境学習交流センター
参加費:無料
定員:20名程度(要申込)
主催:雫石環境パートナーシップ
共催:環境学習交流センター/岩手県地球温暖化防止活動推進センター
●世界の状況・いわての現状は?
●SDGS(]持続可能な開発目標)
●ゲーム体験から対策を考える
気候変動の話:工藤 好博氏(岩手県地球温暖化防止活動推進員)
事例紹介:雫石環境パートナーシップ(高橋良和氏)
ファシリテーター:丸尾美由紀(SDGS公認ファシリテーター)
 

詳細は下記チラシ参照の事

0001.jpg

タイトル:食品用みつろうエコラップを作ってみよう!!
開催日:令和元年10月19日(土)13:30~15:.30
場所:環境学習交流センター内
主催:環境学習交流センター
講師:古舘麻衣氏
参加者:10名

講座内容
①環境講話PP
・みつろうエコラップを作ろうと思ったきっかけ
・地球がごみでいっぱいに
・かわいそうな生き物たち
・地球温暖化
・プラスチックごみを減らすために
・あなたが今日からできる事
・みつろうって何?
プラスチックが及ぼす環境問題にも触れ身近なこととして感じることができた

IMG_2601 - コピー.jpg

②みつろうエコラップワークショップ
・作り方お手本
・体験
・好きな柄のオーガニックコットンにみつろうを小さくカットして隙間を開けて置く
・アイロンを中温で優しくあてる。アイロンをかけるときはクッキングシートを下に敷く、中間に布、上にクッキングシートをかぶせてからアイロンをかける。30秒ほど乾かすとあっという間に来上がりです。

IMG_2604.JPG IMG_2607.jpg IMG_2608 - コピー.jpg

③アイロンがけ作業に順番待ちが発生するため、皆さんが取り組んでいる地球にやさしいこと(思いを模造紙に)書く。

IMG_2611.jpg

④参加者の皆さんでハイポーズ!!
これからも地球にやさしい取り組みをして行きましょう!!
IMG_2613 - コピー.jpg

環境についてお話しできるできる機会を持つこともでき、楽しく学べる講座となりました。

 

 

 

 

 


環境学習講座
洗って繰り返し使えるおしゃれなエコラップを作ってみましょう。
エコラップの視点からプラスチック問題を考えてみましょう。

タイトル:食品用みつろうエコラップを作ってみよう!
開催日時:令和元年10月19日(土)13:30~15:30
開催場所:環境学習交流センター(アイーナ5階)
講  師:古舘 麻衣氏
参加費   :材料費1000円(お一人1枚)
要予約 15名

0001.jpg 

 タイトル:気候変動とエネルギーについて
開催日時:令和元年8月3日(土)13:30~15:00
開催場所:環境学習交流センター アイーナ5階
主催:環境学習交流センター
協力:東北電力株式会社 岩手支店(環境学習応援隊企業)
参加者:14名(大人、高校生、小学生、幼児)
①【環境学習交流センター対応】
私たちの住む地球。どうなってるの?
私たちの暮らしと温暖化
温暖化の仕組み
温暖化対策を取らないとどうなるの
自分ができる事

IMG_1856.jpg

 ②【東北電力株式会社岩手支店様対応】
電気&エネルギーのひみつ発見!!
電気はどこから来るのかな
電気のできる仕組みを知ってみよう
電気をつくってみよう
自分ができる事

IMG_1864.jpg IMG_1871.jpg 

①と②皆さんの感想
二酸化炭素は全然なくても冷えすぎる(-19℃)のでちょうどよい量にしなければならないこと。
地球温暖化がこれ以上進まないようにするにはどうしたらよいのか考えるきっかけとなり、2100年にこれ以上気温の上昇が進まないようにしたい。
火力発電の実験キットから水蒸気で電気をつくることが分かった。
発電キットの体験はエネルギーの使い方を考える機会となった。
エネルギーを選択するうえでそれぞれの良いところ悪いところを知ることが大切。

いろいろ学べてよかったね(エコハッちゃん)
 

 



 

防災の日企画
タイトル:災害は忘れたころにやってくる~9月1日は防止の日、もしもの備えを考えよう~
開催日時:令和元年9月1日(日)13:30~15:00
開催場所:いわて県民情報交流センター アイーナ5階 環境学習交流センター内
対象:一般30名(どなたでも)
講師:山内 正昭氏(非営利型一般社団法人かたつむり)
  :藤沢 剛彦氏(アイーナ管理事務室)
主催:環境学習交流センター
連携:アイーナ管理事務室

講座概要:9月1日の防災の日に気候変動などの自然災害を考える機会とし、
災害にたいする適応として、備えを考える講座とする。
防災の基本情報
防災商品紹介
防災拠点施設としてアイーナより「もしもの安心」
もしもの備えを実際に作って試食もします。

詳細は下記チラシ参照のこと

0001.jpg 

 7月環境学習講座終了しました。
タイトル:日本の反対側、ボリビアから考える地球の事
開催日時:令和元年:7月27日(土)13:30~15:00
講師:菊池真美子氏(JICA岩手デスク)
参加者:14名・スタッフ1名

7月環境学習講座は青年海外協力隊員としてボリビアに派遣された活動について現在JICA岩手デスクに在籍している菊池真美子氏の講座を開催しました。
幸せを呼ぶといわれるボリビアの民芸品エケコ人形が見守る中講座は行われました。
理学療法士として現地の人々の健康と生活習慣を改善する指導を行ってきた菊池さん、小さいころから海外に興味を持っていたわけでもなく、あるお医者様の講演で行きたくても生きられない人々の存在を知ったときが青年海外協力隊(JICA)の活動を目指すきっかけになったと話されました。
持ち前の明るさで現地の方に溶け込んで活動された菊池さんの「もっときれいになりましょう!」の声掛けはナイスですね。きれいになりましょう!ではなく「もっと」を付け加えたところが参加者のやる気スイッチとなったようです。ごみ問題や豊かさとは、貧しさとはにも触れながら、自身の生き方を考えさせられる講座となりました。
遠くは東京から2年前のキリバスの派遣隊員小松千恵美さんの講座以来2回目の参加者もいました。
参加者の皆様有難うございました。共に学び知る機会となったことをうれしく思います。

IMG_1833.jpg IMG_1838.jpg

8月環境学習講座 夏休み特別企画 
未来に続く家づくり~リサイクル材料でつくるエコハウス工作教室part3~が開催されます。
設計図を描いて、大工さんみたいに,カッコいいミニエコハウスを建ててみよう!!

開催日時:令和元年8月10日(日)10:00~12:00
開催場所:いわて県民情報交流センター アイーナ5階 環境学習交流センター内
対象:小学生以上(低学年は保護者同伴)
定員:15組 要申込 参加無料!
是非ご参加ください!!

0002.jpg 

 夏休み企画環境学習講座

自由研究におすすめ!
親子で気候変動やエネルギーについて私たちがすむ地球の事、電気&エネルギーの秘密を学んでみましょう。
タイトル:気候変動とエネルギーについて学んでみよう!!
開催日時:令和元年8月3日(土)13:30~15:00
開催場所:環境学習交流センター(いわて県民情報交流センターアイーナ5階)
講  師:東北電力株式会社 岩手支店、環境学習交流センタースタッフ
対  象:小学生と保護者30名 要申込

0001.jpg

詳しくは下記チラシを参照の事
8月環境学習講座(0803).pdf

 

【海の日企画】7月環境学習講座 開催します。
豊かな生活と共に増え続けるプラスチックごみが海に及ぼす影響を環境紙芝居を通して
学んでみましょう!小さいお子様から大人までどなたでも参加できます。
海上保安庁のマスコットキャラクター「うーみん」も会いに来てくれるよ。

開催日時:令和元年7月15日(月祝日)13:30~15:00
場所:環境学習交流センター(いわて県民情報交流センターアイーナ5階)
対象:興味があればどなたでも30名 要申込 参加無料
講師:海上保安庁宮古海上保安署、環境学習交流センタースタッフ

0001.jpg

詳しくは下記チラシ参照
海の生き物を救おう7月環境学習講座(0715)2枚.pdf



 

7月環境学習講座
開催日時:2019年7月27日(土)13:30~15:00
場  所:アイーナ5階 環境学習交流センター
定  員:30名(要申込)参加無料
講  師:菊池 真美子氏(JICA岩手デスク)
主       催:環境学習交流センター
共  催:JICA東北
青年海外協力隊として南アメリカに位置するボリビアで過ごした2年間。
現地でのエピソードを交えながらボリビアから考える地球のことお話しします。
7月中ボリビアの民芸品や民族衣装、写真も展示します。
是非ご参加ください。
  0001.jpg
詳しくはこちら
【最新】7月環境学習講座_ボリビア.pdf
 

環境学習交流センターでは、6月22日(土)、環境学習講座として、SDGs(持続可能な開発目標)ESD(持続可能な開発のための教育)の概念を岩手の観光・教育の分野で実践に繋げるための講座を開催します。
 
 
sdg_logo_ja_2_02.jpgのサムネール画像
 
 
SDGsは、国内でも様々な分野で多様な取り組みがスタートしており、観光分野においては地域の歴史や自然、文化等を活用したエコツーリズム、教育分野においてはSDGsをテーマにした修学旅行や学校教育など、SDGsを推進する様々な取り組みが行われています。
 
本ワークショップでは、カード型ゲーム「2030SDGs」でSDGsについての理解を深め、観光・教育の分野で、連携し実践に繋げるための交流を行います。
 
SDGsの概念を組み入れ、岩手県の豊富な地域資源を活かした事業を創出することで、地域経済を活性化しましょう!
 
 
環境学習講座:2030SDGs 観光×教育
~SDGsを修学旅行・学校教育に取り入れよう!~
 
◎日時:2019年6月22日(土)13時30分~16時30分(受付13時~)
 
◎会場: アイーナスタジオ
盛岡市盛岡駅西通1-7-1
いわて県民情報交流センター(アイーナ4F) 
 
◎対象者
SDGsに関心のある企業、NPO、学校関係者等
観光・教育分野で事業を計画または実践している方
行政機関で事業活動に関心のある方
 
◎定員:30名
 
◎参加費:無料
 
◎プログラム
・2030SDGsカードゲーム
・レクチャー・意見交換
・活動事例発表
 
◎講師:渋谷晃太郎(しぶや・こうたろう)
岩手県立大学総合政策学部教授
2030SDGsファシリテーター
環境省の職員で国立公園のレンジャーや環境教育などを担当
環境教育推進法、エコツーリズム推進法の作成に関与。
環境政策全般、自然公園、自然資源の活用(エコツアー)、環境教育などの実学が専門。
 
◎主催: 環境学習交流センター
共催:東北地方ESD活動支援センター
 
◎問合せ・申込
環境学習交流センター(盛岡市盛岡駅西通1-7-1アイーナ5F)
運営:認定NPO法人環境パートナーシップいわて
担当:櫻井、佐々木
E-mail  eco @aiina.jp 
TEL  019-606-1752
FAX  019-606-1753
http://www.iwate-eco.jp
 
※本講座は、環境学習交流センターの運営を岩手県より認定NPO法人環境パートナーシップいわてが受託し実施するものです。
 
2030SDGs20190622.jpg
 
 
 
 
※6月14日(金)、15日(日)、23日(日)もSDGs関連ワークショップが予定されています。詳しくはこちらへ。
 

パリ協定・SDGsの達成を岩手から!岩手の「今ここ・これから」を探る講座等の開催について

国内でも様々な分野で多様な取り組みがスタートしている「SDGs(エスディージーズ:持続可能な開発目標)」。2030年の社会状況を体験する、シュミレーション型カードゲーム「2030SDGs」をベースとしたワークショップや環境学習会を開催予定です。

経済・社会・環境の統合的なアプローチを、活動・事業や身近な暮らしから始めていくチャンスです。ぜひご参加下さい。

sdg_logo_ja_2_02.jpg

 
【6.14(金)開催・事業者・起業家向け】SDGsの達成を岩手から! 2030SDGsプログレス
 
カード型シュミレーションゲーム「2030SDGs」の体験から、事業の立ち上げや見直し時にSDGsの概念をどのように組み入れるか、理解を深め実践に繋げるためのワークショップです。
 
【日時】2019年6月14日(金)13:00~16:30 ※開場13:00
【会場】紫波町情報交流館2F大スタジオ(紫波町紫波中央駅前二丁目3番地3)
【参加】一般:4,000円
  *岩手経済研究所会員2,000円
  *環境パートナーシップいわて会員2,000円
  (特別入会キャンペーン:この機会に入会される場合、参加費が1,000円となります)
【定員】30名
【主催】
  主催:認定NPO法人環境パートナーシップいわて
  共催:一般社団法人岩手経済研究所
【内容】
  ・カード型シュミレーションゲーム「2030SDGs」の体験
  ・ワークショップ「プログレス」
  ・ゲスト、ファシリテーターによる対話会
【ファシリテーター】
  廣水乃生(ひろみず・のりお):戦略策定ファシリテーター
【主催者・ゲスト】
  渋谷晃太郎(しぶや・こうたろう):岩手県立大学総合政策学部教授
  野澤日出夫(のざわ・ひでお):認定NPO法人環境パートナーシップいわて代表理事
【申込み・問合せ】
  認定NPO法人環境パートナーシップいわて
  E-mail: eco.iwate@gmail.com
  TEL:019-681-1904
 
 2030SDGs20190614.jpg
 
 
 
【6.15(土)開催・どなたでも】SDGsをもっと知りたい!~カード型ゲームを活用したワークショップ「2030SDGs ディスカバリー」~
 
カード型シュミレーションゲーム「2030SDGs」を通じてSDGsを楽しく体験し、自分たちが何をすべきか、ファシリテーターと探求・発見するプログラム。関心や興味のある方ならどなたでも参加できます。
 
【日時】2019年6月15日(土)13時~16時30分
【会場】七ツ森地域センター(雫石町沼返19-51)
【参加】3,000円(税込) ※中学生以下無料
【定員】あり(先着順)
【主催】
  主催:株式会社コミュニティライフしずくいし
  協力:認定NPO法人環境パートナーシップいわて
【内容】
  ・カード型シュミレーションゲーム「2030SDGs」の体験
  ・ワークショップ「ディスカバリー」
【ファシリテーター】
  廣水乃生(ひろみず・のりお):戦略策定ファシリテーター
【申込み・問合せ】
  株式会社コミュニティライフしずくいし
  (七ツ森地域交流センター内)
  E-mail: info@cl-shizukuishi.com
  TEL: 019-601-3566
 
 2030SDGs20190615.jpg
 
 
 
【6.22(土)開催・環境学習交流センター主催 環境学習講座】
2030SDGs 観光×教育
 
【日時】2019年6月22日(土)13時30分~16時30分(受付13時~)
【会場】 アイーナスタジオ
  盛岡市盛岡駅西通1-7-1
  いわて県民情報交流センター(アイーナ4F) 
【対象者】
  SDGsに関心のある企業、NPO、学校関係者等
  観光・教育分野で事業を計画または実践している方
  行政機関で事業活動に関心のある方
【定員】30名
【参加費】無料
【プログラム】
 ・2030SDGsカードゲーム
 ・レクチャー・意見交換
 ・活動事例発表 
【講師】
  渋谷晃太郎(しぶや・こうたろう)
   岩手県立大学総合政策学部教授・2030SDGsファシリテーター
【主催】 環境学習交流センター
  共催:東北地方ESD活動支援センター
【問合せ・申込】
  環境学習交流センター(盛岡市盛岡駅西通1-7-1アイーナ5F)
  運営:認定NPO法人環境パートナーシップいわて
  担当:櫻井、佐々木
  E-mail  eco @aiina.jp 
  TEL  019-606-1752
 
※本講座は、環境学習交流センターの運営を岩手県より認定NPO法人環境パートナーシップいわてが受託し実施するものです。
 
環境学習講座:2030SDGs 観光×教育
~SDGsを修学旅行・学校教育に取り入れよう!~
 
 
 
【6.23(日)開催・どなたでも】カードゲーム「2030 SDGs」体験会
 
「なぜSDGsが私たちの世界に必要なのか」、「それがあることに よってどんな変化や可能性があるのか」を体験的に理解するためのゲームを楽しみながら体験します。
 
【日時】2019年6月23日(日)15:45~17:45
【会場】いわて県民情報交流センター(アイーナ)4F アイーナスタジオ
【参加】資料代 1,000円
  *環境パートナーシップいわて会員 無料
【定員】40名(先着順)
【主催】
  主催:認定NPO法人環境パートナーシップいわて
【内容】
  ・カードゲーム「2030 SDGs」の体験
【講師】
  渋谷晃太郎(しぶや・こうたろう)
   岩手県立大学総合政策学部教授・2030SDGsゲーム公認ファシリテーター
【申込み・問合せ】
  認定NPO法人環境パートナーシップいわて
  E-mail: kanpai@utopia.ocn.ne.jp
  TEL:019-681-1904
 
2030SDGs20190623.jpg

 

 講座名:盛岡星空セミナー
開催日時:4月5日 13:30~15:00
場所:環境学習交流センター内
講師:吉田 偉峰氏
参加者:20名

新月の夜に合わせて「もりおか星空セミナー」を開催しました。
平日の金曜日開催という初めての試みでしたが、20名の方に参加いただき
身近な星空環境の紹介、星空環境と光害の現状と対策、2019年の星空の見どころを紹介していただきました。星を愛する高校生や一般の方々が偉峰氏のお話に耳を傾けました。天の川が見られる環境意識が高まるといいですね。
IMG_1235.jpg IMG_1237.jpg IMG_1238.jpg IMG_1245.jpg

【企画展】
もりおか星空ギャラリーは4月21日まで開催しています。
是非星空の写真を見に来てくださいね。(エコハッちゃんより)

 

 

 3月環境学習講座
楽器を作って音にさわろう!ペットボトルオーケストラ2019春㏌東北
開催日:3月16日(土)14:00~15:30
場所:盛岡市動物公園 動物資料館
主催:NPO法人サウンドクリエイター
後援:環境学習交流センター
参加者:70名
DSCN4928.JPG DSCN4939.JPG DSCN4926.JPG DSCN4945.JPG DSCN4932.JPG DSCN4942.JPG IMG_1146.jpg DSCN4943.JPG  DSCN4931.JPG 574404692_980537.JPG 
エコハッちゃんが作ったしゃかたん!可愛いのが出来ました。参加者の皆さんも思い思いの飾りをつけて素敵なしゃかたんの出来上がり。
しゃか:小さなペットボトルの方です。小豆、大豆、黒豆、トウモロコシのちいさなものを入れるとしゃかしゃかと音が鳴ります。
たん:大きなペットボトルにビー玉を20個入れると、たん!と大きな音がでます。
この二つを組み合わせて”しゃか””たん”、”しゃかしゃか””たんたん”音楽に合わせてオーケストラの仲間入り。3Rやペットボトルのごみ問題も曲の合間に説明し、エコオーケストラの出来上がりです。
「あまちゃん、小さな世界、ミッキーマウスマーチ、かごめかごめ、犬のおまわりさん」に合わせて小さな子も大人も思いっきり演奏しました。なんだかスポーツをしたときのような達成感が・・・。
最後に釜石で開催のラグビーワールドカップを応援しようということでラグビーの応援歌がないのでサッカーの有名な応援歌「オーレ、オレ、オレ、」の曲に合わせて思いきりはじけました!!
盛岡市動物公園は冬季休園していましたが平成31年3月15日から開館しています。
春の訪れです。動物たちや自然を見にレッツ ゴー!!

 

0001.jpg

2月の環境学習講座が2月23日に開催されます。一足お先にひなまつりクッキングを午前の部と午後の部2回行います。
旬の食材、地産地消から省エネルギーなクッキングについて学んで見ましょう。

開催日:平成31年2月23日(土)
場所:岩手県民情報交流センターアイーナ6階 調理実習室

午前の部
【旬の食材で作ってみよう!~温故知新のエコクッキング~】
10:00~13:00(集合時間:9:50分)
定員:親子10組 要申込(申し込み締め切り2月22日(金))
参加費:一人500円
持ち物:エプロン、三角巾

午後の部
【地産地消でおやつを作ろう!】
14:00~16:00(集合時間:13:50分)
定員:親子10組 要申込(申し込み締め切り2月22日(金))
参加費:一人350円
持ち物:エプロン、三角巾

詳しくはチラシ参照の事
クッキングチラシ.pdf




 

 1月環境学習講座:未来に続く家づくり
~リサイクル材料で作るエコハウス工作教室part2
平成31年1月12日(土)
参加者:19名(子供12名、保護者7名)
講師:センタースタッフ

夏休みの企画に引き続きリサイクル工作第2弾
木のぬくもりにふれながら素敵な作品が出来ました。

P1060302.JPG P1060313.JPG P1060341.JPG P1060343.JPG P1060345.JPG P1060346.JPG P1060348.JPG P1060350.JPG P1060355.JPG 

自身がかいた防ごう隊壁新聞の紹介展示を見に来た小5の男児。
家族皆でセンター内を見学・体験していかれました。

IMG_0881[1].jpg IMG_0883[1].jpg

 

2 3 4 5 6 7 8 9 10 11  

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ