「環境学習講座」と一致するもの

参加無料!!
kouza20170701.jpg
7月環境学習講座
あなたも
エコピープル目指してみませんか?


エコ検定受験を考えている方や環境のことを知りたい方は
ぜひご参加ください!
環境問題全般についてわかりやすくお話します。
世界環境の歴史と日本、廃棄物問題、公害問題、地球温暖化、生物多様性、
最近のエネルギー問題、環境用語の解説等。

日時:7月1日(土)13:30~15:00
場所:環境学習交流センター(アイーナ5階)
定員:30名(要申込)
講師:林 俊春 氏


<講師プロフィール>
 企業の環境関連機器の研究開発等に約40年間携わり、公害問題や企業のISOにかかわり、
環境カウンセラー協議会の立上げに参画。昨年、社会環境検定試験に合格し、エコピープル
として地域との協働活動に汗を流しております。
・NPO法人岩手県環境カウンセラー協議会理事長、環境カウンセラー
・岩手県地球温暖化防止活動推進員、エコアクション21審査人
 

 ※エコピープルとは、eco検定に合格した個人のこと。
  環境の知識を持ち、日頃から環境活動を実践している方々です。
  eco検定についてはこちら:http://www.kentei.org/eco/


<お問合せ・お申込み>
主催/環境学習交流センター
盛岡市盛岡駅西通1-7-1 アイーナ5階
TEL:019-606-1752 FAX:019-606-1753
E-mail:eco☆aiina.jp(☆を@に変換してください)

後援:NPO法人岩手県環境カウンセラー協議会
 

 

P1020380.JPGP1020386.JPGP1020391.JPG

 5月20日(土)環境×フェアトレード×国際協力~今,あなたにできること~のテーマで国際交流協会、環境学習交流センター、JICA岩手デスクとの連携イベントが開催されました。 フェアトレードをアピールするとともにアイーナ4階岩手県立図書館ミニシアターでは「0円キッチン」映画上映会と岩手県立大学准教授山田 佳奈氏によるミニレクチャーも行われました。
 各地で食材の無駄をなくすべく、ユニークでおいしく楽しい取り組みをしている人々に出会いながら、食の現在と未来を照らし出していくエンターティメント・ロードムービーです。
 参加者の皆様と共に様々な視点からの食品ロスについて考える機会となり、皆様の気づきの講座となったのではと思っています。

 映画上映は二回行われましたが一回目は43名、二回目は38名の方に来場していただくことが出来ました。中でも中学生、高校生、大学生、これからを担う方々にも参加していただくことが出来たことはとてもうれしいことです。
 日本人の廃棄食糧だけでカナダ人口の食糧が賄えるということの意味を考え、自ら行動して頂けたら嬉しいですね。(エコハッチャンより)

参加無料!!
kouza20170624.jpg
6月環境学習講座
希少植物の培養と
 
環境保護意識の向上を目指して


日時:6月24日(土)13:30~15:00
場所:環境学習交流センター(アイーナ5階)
定員:30名(要申込)
講師:岩手県立水沢農業高等学校環境工学科3年専門分会
   高橋裕也さん、西村永遠さん、安保真心さん


<講師プロフィール>
岩手県立水沢農業高等学校環境工学科3年専門分会3名
 私たち専門分会では、授業の中で植物バイオテクノロジーの技術を活用した希少植物の培養について研究しています。これまで希少植物のサクラソウやオオミズトンボ、コマクサといった植物に取り組んできました。今年度は岩手県にも自生しているサギソウの増殖に取り組んでいます。近年では培養だけではなく岩手県の山野における環境の現状を地元の方々に紹介し、環境問題を一緒に考える活動も行っています。


<お問合せ・お申込み>
環境学習交流センター
盛岡市盛岡駅西通1-7-1 アイーナ5階
TEL:019-606-1752 FAX:019-606-1753
E-mail:eco☆aiina.jp(☆を@に変換してください)

【環境学習講座】アフリカと温暖化

参加無料
kouza20170611.jpg
6月環境学習講座

アフリカと温暖化

日時:6月11日(日) 13:30~15:00
場所:環境学習交流センター(アイーナ5階)
定員:30名(要申込)
講師:高橋 郷 氏



<講師プロフィール>
岩手県出身。米国マクスウエル公共政策大学院修了。
2010年よりアフリカの政府・国際機関、NGOにて様々なプロジェクトにかかわる。
2013年7月、NPO法人Little Bees International 設立。
東日本大震災の際にはNGO/NPOの職員として支援活動に従事。
現在国連平和大学在籍。新渡戸国際塾七期生(国際文化会館)



 2015年に策定されたパリ協定の履行が求められていく中で、米国のトランプ政権は温暖化対策への予算措置を停止する等、途上国と先進国の取組の足並みはそろっていません。世界各地で相次ぐ異常気象と共に気候変動への対応の遅さが顕著になり、温暖化をめぐる国際社会の情勢は予断を許さない状況にあります。特に、社会的、経済的脆弱性が著しいサブサハラ以南のアフリカにおいては、気候変動の負の影響への適応・緩和に向けた早急の対策が求められる中、多くの地域コミュニティが置き去りにされています。
 講座では、気候変動をめぐる国際情勢を照らし合わせながら、アフリカの草の根レベルでの温暖化防止活動について紹介します。


<お問合せ・お申込み>
環境学習交流センター
盛岡市盛岡駅西通1-7-1 アイーナ5階
TEL:019-606-1752 FAX:019-606-1753
E-mail:eco☆aiina.jp(☆を@に変換してください)

 

参加無料!!kouza20170603.jpg

実践!!省エネ・スタイル
―もう一度ゼロからはじめる家庭の環境学―

家庭でできる環境保全対策を一緒に考えてみませんか?
『どこから手をつけたらよいかわからない…』という方から、
『もう一歩踏み込みたい!』という方まで、
どなたにもオススメの省エネ講座です!


日時:6月3日(土)13:30~15:00

illustrain10-jyuutaku17.jpg

場所:環境学習交流センター(アイーナ5階)

定員:30名(要申込)

講師:花澤 淳 氏(工藤建設(株))

≪講師プロフィール≫
・省エネ建築診断士
・うちエコ診断士
・IPCCリポートコミュニケーター
・ビオトープアドバイザー 等


<お問合せ・お申込み>
環境学習交流センター
盛岡市盛岡駅西通1-7-1 アイーナ5階
TEL:019-606-1752 FAX:019-606-1753
E-mail:eco☆aiina.jp(☆を@に変えてください)

4月環境学習講座「星空セミナー」終了しました!!

P1020305.JPG P1020303.JPG
4月環境学習講座「星空セミナー」
開催日時:4月8日 13:30~15:00
講師:吉田 偉峰氏(もりおか星まつり実行委員長、いわて星団連合事務局長)
参加者:20名
平成29年度4月環境学習講座が本日開催されました。たくさんの方に参加いただき2017年岩手版星空の情報、季節ごとの星座の見どころ。日々変化する星空は身近な環境の指標であることから大気環境の現状など考える講座となった。今後星空環境を市民調査員の手で調査する養成講座などについても話された。
星空と環境について考える環境学習講座となりました。参加いただいたみなさんありがとうございます。
(エコハッチャンより)写真掲載は許可済み

IMG_0741.jpg IMG_0742.jpg
4月環境学習講座「星空セミナー」開催されます!!

日時:4月8日 13:30~15:00
講師:吉田 偉峰氏
場所:環境学習交流センター内
どなたでも参加できます。(参加無料)
★星空ギャラリー展開中。
★星空環境調査 市民調査員養成説明会も開催されます。(講座時間除く)
是非センターに来てくださいね。(エコハッチャン)
 

P1020245.JPG  P1020254.JPG 

平成28年度最後の環境学習講座 
夫が建てた省エネ住宅~私の体験談~が終了しました。
講師:徳谷喜久子氏
参加者:15名
参加者15名の中には遠くは秋田県からの方もおり、実体験への興味の深さが伺えました。
3年かけて家づくりを行ったご主人もそうですがそれを明るく支えた奥様も素敵です。大工さんでもないのに完成させたのですから・・・・家づくりの工程一つ一つが気が遠くなりそうな作業の様子でした。
コツコツと毎日やり続け完成したことに”おめでとう”の言葉を贈りたい。お家の見学に来てもいいですよとのお言葉をいただいたのでみんなで行きましょうね。(エコハッチャン)
 

3月の環境学習講座情報です。
参加お申込みをお待ちしております。

3月環境学習講座ie_mark_ikkai.png
夫が建てた省エネ住宅~私の体験談~


【開催日】平成29年312日(日)
【時 間】13:30~15:00
【場 所】環境学習交流センター(アイーナ5階)
【定 員】20名(要申込み)
【講 師】徳谷 喜久子 氏

<講師プロフィール>
岩手県地球温暖化防止活動推進員、一関市地球温暖化対策地域協議会会員
うちエコ診断士

 22年前に一関市に移住。現在は夫と二人で稲作主体の農業を営むかたわら岩手県地球温暖化防止活動推進員として地域に根ざした普及活動・実践活動を行っています。一関市に移住してから3回の大地震を受け、住んでいた家が、がたがたに・・・予算もそんなになかったが、突然夫が「家を建てよう」と言い出し、3年越しで省エネ住宅を建てたというのがマイハウスストーリー。基礎工事は専門家に、構造材はログビルダーに、屋根は屋根屋さん。そのほかはほとんど夫が作りました。まだ完成していない部分を現在も夫が作っているところです。ほぼ完成しつつある家の苦労話やセルフビルドなどこだわりの家づくりを皆さんにたっぷりとお話しします。

【お問合せ・お申込み】
環境学習交流センター
TEL:019-606-1752 FAX:019-606-1753 E-mail:eco☆aiina.jp(☆を@に変えてください)

IMG_1968.JPG IMG_1971.JPG 

開催日:12月10日(土)10:00~11:45
参加者:15名
スタッフ:3名
いわてのブランド米銀河のしずくを試食しながら食と環境について和気あいあいと身近な環境について学ぶことができました。生きるために大切なもの、水と土と空気。環境アドバイザー、地球温暖化推進員でもある吉田偉峰さんの”利き水体験”を通して身近な環境について知ることができました。水は3種類注意深く飲んでみると確実に差がありました。身近な環境は自身の五感を大切に、気づくことが大切ですね?いわてのブランド米、銀河のしずくはとてもおいしく炊くことができさらに話が弾みました!!まずは自分が住む地域の環境を考えるところから始めてみましょう。(エコハッチャン)


 

【センターイベント】12月環境学習講座

12月環境学習講座
お米大好き!ごはん大好き!!

mark_money_muryou.png
開催日:1210日(土) 10:00~12:00
場 所:アイーナ6階調理実習室
定 員:20名(高校生以上、要申込み)
持ち物:ご飯を炊くのでエプロン・三角巾持参してくださいね。

新米「銀河のしずく」の炊き立てご飯をいただきながら岩手の食と自然環境を考える講座です。

約10年の歳月をかけ、岩手のブランド米「銀河のしずく」が誕生しました。自然の恵みであるお米をいただきながら、より良い環境を未来につなぐため、私たちにできる事を環境アドバイザー・地球温暖化防止活動推進員と一緒に考えてみませんか?

【お申込み・お問合せ】  
 環境学習交流センター
 TEL:019-606-1752 FAX:019-606-1753
 E-mail:eco☆aiina.jp(☆を@に変えてください)

201612kouza.jpg 

← 左の画像をクリックすると
  チラシのデータが拡大されます。

【センターイベント】11月環境学習講座

環境学習講座
リサイクル工作体験
mark_money_muryou.png

開催日:1120日(日) 10:00~16:00
場 所:環境学習交流センター(アイーナ5階)

トイレットペーパーの芯を使って自由に工作体験してみましょう!
アイディア次第で素敵な作品が…

 ※材料はセンターで用意しますので、手ぶらでお越しください。
  開催時間内随時参加できます。


【お問合せ】  
 環境学習交流センター
 TEL:019-606-1752 FAX:019-606-1753
 E-mail:eco☆aiina.jp(☆を@に変えてください)

DSC_2583.jpg<作品例>

講座名:「ミニチュア箱庭枯山水」 
講師:川村 晃寛氏
参加者:22名

まずは箱庭の代わりとなるケース選び、どれにしようか迷いながらもみなさん思い思いのケースを選び、次は材料選び・・・それぞれの思いが詰まった小さな小さな箱庭・・・個性あふれる作品ができました。
下記写真は参加者の方々の作品の一部です。
それにしてもみんなのアイディアはすごいな~(エコハッチャン)

P1070963.JPG P1070966.JPG P1070977.JPG P1070978.JPG P1070973.JPG P1070972.JPG P1070971.JPG P1070979.JPG

P1070743.jpg P1070749.jpg P1070750.jpg
7/9~ウガンダの生活に学ぶ 生きる力~と題して環境学習講座が開催されました。
講師:野口 聡子氏(JICA岩手デスク)
参加者:18名
青年海外協力隊員として2009年~2011年の2年間村落開発普及員として派遣され活動された経験からウガンダの厳しい生活を知ることができました。特に水資源は深刻で日本人は一日375ℓ使えるのに対して、ウガンダの人たちはたったの15ℓしか使えない。WHOが示した健康な生活を送るための水は20ℓとそれよりも下回っている等、いかに私たちの暮らしは恵まれているのかを実感することができた。また、最新の環境情報からのワークショップでは、先進国が途上国へ与える環境汚染について考える機会となった。
参加者の皆さんからはたくさんの質問もあり興味の深さがうかがえた講座となりました。(エコハッチャンより)

 


【センターイベント】8月環境学習講座

いよいよ夏休みが始まりますね!

8月もお子様から大人まで楽しみながら学べる講座を開催します。
たくさんのご参加をお待ちしております!

0806hakoniwakaresansui.jpgミニチュア箱庭・枯山水ワークショップ
in 環境学習交流センター

開催日:86日(土) 13:30~15:00
参加費:500円(1作品)
定 員:20名(要申込)
講 師:川村 晃寛 氏(岩手県環境アドバイザー)


※いろいろな種類の容器を用意しておりますが、ご自身で使いたい容器がありましたらご持参ください。
 作品お持ち帰り用の梱包材も用意しております。

【お申込み・お問合せ】  
 環境学習交流センター
 TEL:019-606-1752 FAX:019-606-1753
 E-mail:eco☆aiina.jp(☆を@に変えてください)

P1070707.jpg P1070708.jpgP1070706.jpg
7/9開催予定の環境学習講座「ウガンダの生活に学ぶ生きる力」に先駆け
"生活の中で一番大切なもの”というテーマで書いたウガンダの子供たちの絵や
生活の知恵から生まれたタイヤサンダル、リサイクルアルコールランプ、バナナの
葉と木の皮を使ったサッカーボール等展示。

期間:7月1日~7月10日まで
協力:JICA岩手デスク
環境学習交流センター内に展示しています。

♡見に来てね。(エコハッチャンより)♡

【センターイベント】7月環境学習講座

7月の環境学習講座を下記の通り開催します。
たくさんのご参加をお待ちしております!

ウガンダの生活に学ぶ
生きる力


開催日:79日(土) 13:30~15:00
場 所:環境学習交流センター(アイーナ5階)
定 員:20名(要申込み) ※参加無料
講 師:野口 聡子 氏(JICA岩手デスク)

~講座内容~

東アフリカに位置するウガンダで、ボランティアをしながら2年間の生活。水汲みから料理、
洗濯の仕方まで、たくましく生きるウガンダ人にたびたび感動することがありました。
エピソードを交え、現地で実際に使われている生活用品もご紹介しつつ、お話しします!

※開催に伴い、7月1日~10日まで「生活の中で一番大切なもの」というタイトルで、
 ウガンダの小学生が描いた絵を環境学習交流センター内に展示。こちらもお見逃しなく!



【お申込み・お問合せ】  
 環境学習交流センター
 TEL:019-606-1752 FAX:019-606-1753
 E-mail:eco☆aiina.jp(☆を@に変えてください)

「学ぼう 電力自由化」 終了しました!!

P1070442.JPG

講師の高橋功さん手作りの大きな、大きなボードを使って電力自由化の講座を行った。
電力自由化によって純粋な自然エネルギーの会社を選べるのかと思っていたが実際は
再生可能エネルギーや自然エネルギーで賄えているわけではなく通常の発電の電気と
一緒に買い取られている。自然エネルギーと思って契約してもすべて自然エネルギーを
使っているとは言えない。自然エネルギーだけでは電気は賄えないため発電部門が予
備電力として5%ほど足りない分の電気を作り補っているなど参加者の方々と共に学ぶ
ことができた。
参加者の方々からは積極的に質問が出され活気あふれる講座となりました。
 参加していただいたみなさんありがとうございます。(エコハッチャンより)

5月環境学習講座~田野畑村の津波は青かった~
P1070330.JPG
講師:楠田 拓郎氏
参加者:12名
東京出身の楠田さんが日本一周の末選んだ土地が田野畑村
震災前の活動、震災時の様子、震災後復興に向けての取り組
みなど興味深いものでした。

「人々の営みは自然とともにあるものですよ」と話された。
便利な生活に慣れてしまっているが「自然環境とは」を考える
機会となった講座でした。
参加してくださった皆さんありがとう(エコハッちゃん)

 

【センターイベント】6月環境学習講座

6月の環境学習講座についての告知です。
環境月間(6月は「環境月間」です!)にふさわしい今注目のキーワードではないでしょうか。
皆様のご参加をお待ちしております。


学ぼう
    

開催日:612日(日) 13:30~15:00
場 所:環境学習交流センター(アイーナ5階)
定 員:30名(要申込み) ※参加無料
講 師:高橋 功 氏
   (岩手県地球温暖化防止活動推進員)


~講座内容~

1.電力自由化の概要
2.私たちが住んでいる東北には契約できる会社は何社あるの?
3.よくある質問
4.料金メニューの見方
5.賢い消費者になるために

 これまでは地域毎に決められていた電力会社としか契約できなかった電気。
 2016年4月の「電力自由化」以降は、現在の電力会社だけでなく、新たに参入する電力会社からも電気を契約できるようになりました。電力自由化のしくみやメリット・デメリット、自由化後の電気の選び方など一緒に考えてみましょう。
denryoku_sentaku.jpg

【お申込み・お問合せ】  
 環境学習交流センター
 TEL:019-606-1752 FAX:019-606-1753
 E-mail:eco☆aiina.jp(☆を@に変えてください)

  1 2 3 4 5 6 7 8 9  

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ