環境学習交流センターの最近のブログ記事

 平成30年6月1日(金)〜6月30日(土)

花王グループは、「いっしょにeco」をテーマに、2010年から「花王国際こども環境絵画コンテスト」を行なっています。世界のこどもたちが描く環境絵画は、暮らしに身近で大切なことを題材にしていて、自分たちの未来の暮らしを真剣に考えて、絵にしたものです。入賞作品29点を「絵に込めた思い」と、ともに展示しています。「環境テキスト」も若干用意しておりますので、お持ち帰りいただけます。数に限りがございますので、お早めにお出かけ下さい。

L1110196.JPG L1110199.JPG L1110205.JPG

【展示】科学絵本展 〜知りたいが未来をつくる〜

 平成30年6月1日(金)〜6月30日(土)

 茶道、華道、書道、武士道、いろんな道がある、、、科学道をちょっとのぞいてみませんか?

「知りたい!」気持ちから未来をひらいた科学者たちの見方・生き方・考え方がわる!

科学が得意なきみも、苦手なきみも、どれかひとつでもピーンときたら手に取ってみよう!!

貸出しは出来ませんので、センターの中でご覧下さい。

L1110211.JPG L1110212.JPG L1110213.JPG

 報告が少々遅れましたが、5月28日(月)に開催したイベントのご報告を写真で紹介します。少人数対象のぷち講座ですが、アンケートの結果から見ても満足度は非常に高く、みなさん素晴らしい作品を完成させることができました。ご参加いただき誠にありがとうございました。

○4.JPG ○5.JPG ○8.JPG

○9.JPG ○7.JPG ○6.JPG ○3.JPG ○1.JPG ○2.JPG 

 使い終わった封筒と歯ブラシを有効活用しながら、牛乳パックをリサイクルして作ったバラデザインのハガキが完成しました。額に入れて飾ると、さらに美しさがUPしそうですね。

 

 平成30年5月21日(月)〜6月20日(水)

 浄法寺漆産業は、漆器だけではなく、新しい分野への漆の応用を目指し、

自動車内装等への漆塗装を提案。岩手から世界へ新たな挑戦が始まっています。

山口県の萩ガラスのコラボ商品「冷酒セット」、新しいタイプの「各杯」と伝統の浄法寺漆らし片口

実物も展示しています。伝統の美しい片口のフォルムとそぎ口のないデザインの形を併せてご覧ください。

L1100597.JPG L1100599.JPG L1100602.JPG

 先月に引き続き、月曜リサイクル・ぷち講座の第2弾を開催いたしました。今日は牛乳パックをリサイクルしてハガキの台紙作りの回です。まずは前半、岩手県のゴミ問題について学び、「3R」について知識を深めた後は、「わんこ節電所」にも参加していただき、日頃それぞれが取り組んでいるエコについて話し合いました。

P1040426.JPG P1040429.JPG

そして後半はいよいよリサイクルはがき作りです。牛乳パックの防水性について紹介し、紙すきができるようにするまでの作業工程を説明しました。納得したところで紙すきを実践していきます。参加者の中には、なかなか思うようにいかずに、やり直しをする人もいましたが、最終的にはみなさん素晴らしいハガキが完成しました。

P1040430.JPG P1040433.JPG P1040444.JPG

今日作ったハガキは各自家に持ち帰って、しっかりと乾かしてもらいます。そして来週はバラの花のデザインを、使い終わった封筒や歯ブラシを使ってステンシルで描いていきます。素敵なリサイクル作品が出来上がるといいですね。

【報告】「エコ×アート」の今日の様子

 環境学習交流センター主催の無料水彩画サークル「エコ×アート」は、本日17名の参加者数を記録し、ほぼ満席状態でサークル活動をしています。冬の作品展を見て入会してくれた2名の新人は、基本プログラムのゴムはん作りと色作りに挑んでいます。

P1040385.JPG P1040387.JPG

5月は美しい花が次々と咲きだす時期なので、会員の中には自分のお庭から、満開のフジやツバキなど、四季折々の花を持ってきてくれることもあります。その実物をモデルにしながら描くサークル仲間もいます。咲き乱れる花々をじっくりと観察しながら自然の移り変わりや季節感を感じていくことは、とても大切なことだと思います。

 先月に引き続き、521日(月)と28日(月)の2回にわたり、リサイクル・ぷち講座を開催いたします。時間は両日ともに10301200。 ※原則として、どちらにも出席できる方対象。

今回はバラの花のデザインで手作りハガキを作成していきます。牛乳パックをリサイクルしたハガキ作り+使い終わった封筒と歯ブラシを使ったステンシルを体験することができます。ご興味のある方は、ぜひお申し込みください。

イベントのチラシはこちら↓をチェック!

30年度「月曜リサイクル・ぷち講座」チラシ.5月バラ・PDF(A4用1枚).pdf

国際交流協会主催の2018世界フェアトレード㏌いわてが5月19日開催されます。環境学習交流センターでは連携事業としてリサイクル工作「フラワーチャームを作ってみよう!」を行ないます。
是非ご参加ください。
開催日:5月19日(土)10:00~16:00(随時受付)参加無料!
開催場所:環境学習交流センター内にて
詳しくは下記チラシ参照下さい。
フェアトレードリサイクル工作チラシ.pdf

また連携事業として「エシカル消費とは」についての展示を本日5月1日より5月31日まで行ないます。エシカル消費とは?を知り、自分で出来る行動を考えて見てはいかがでしょうか?

IMG_1884.jpg IMG_1891.jpg              IMG_1886 (1).jpg IMG_1888.jpg



展示期間:平成30年4月21(土)〜520日(日)

紫波みらい研究所は「100年後の子どもたちによりよい紫波を残す」という未来づくりをするために設立されました。 

いのちの繋がりを考え、自然と調和した暮らし方を学び、話し合い、行動していく場づくりを行っています。 町内に暮らす人と人、人と食べ物、人と自然などの関わりを見直し、町内外の人々と広く連携しながら、次の世代、その次の世代の子どもたちによりよい紫波を引き継いでいくことをめざしています。

紫波みらい研究所の活動の一端をご紹介します。

L1090739.JPG L1090740.JPG L1090741.JPG

平成30年度 こどもエコクラブサポーターズミーティング
-子どもたちと自然体験・環境活動を続けていくために-


ec180526jpg.jpg

『こどもエコクラブ』は子どもたちの環境に係る活動や自然体験等を 支援する全国的な活動です。今回のこどもエコクラブサポーターズミーティングは、 こどもエコクラブへの登録を問わず、岩手県内で環境活動を行う団体・個人等が集まり、 岩手の事例や子どもたちとの関わりを伺いながら情報・意見交換をいたします。 イベントの開催、人集め、団体としての活動や後継者の育成、安全管理等、 どの団体でもお持ちであろうご苦労や工夫についても触れ、 共有して交流しながらネットワークをつなげてゆければと考えています。 ぜひともご参加ください。

===============================

日時:平成30年5月26日(土)13:30~16:30
場所:遺跡の学び館 研修室(盛岡市本宮字荒屋13-1)

-事例発表-(順不同)13:35~15:10

・鹿妻穴堰土地改良区 津嶋 明香 氏
・網張ビジターセンター運営協議会 坂内 美佳 氏
・大槌町臼澤鹿子踊保存会 東梅 英夫 氏
・三陸自然学校大槌 臼澤 良一 氏

-情報交流・意見交換会- 15:20~16:30
・ファシリテーター 櫻井 則彰 氏
(岩手自然ガイド協会設立準備会/NPO法人環境パートナーシップいわて)

対象:こどもエコクラブサポーターおよび環境関連団体、自然体験指導員 等
定員:20名程度
申込み方法:氏名、所属団体等、連絡先を前日までに事務局までご連絡ください。

主催:環境学習交流センター
〒020-0045 岩手県盛岡市盛岡駅西通一丁目7番1号
いわて県民情報交流センター(アイーナ)5F
TEL:019-606-1752 FAX:019-606-1753 E-mail:eco@aiina.jp

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち環境学習交流センターカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは温暖化です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ