森川海の最近のブログ記事

10月2日(日)、NPO法人環境生態工学研究所(仙台市)主催、
旧松尾鉱山跡地(八幡平市)の植樹活動へ参加してきました。

161002_1.jpg

かつては「雲上の楽園」と呼ばれるほど隆盛を極めていましたが、閉山後は
鉱山から大量の強酸性水が赤川に流入し、北上川を汚濁していたため、大きな社会問題となりました。
現在は新中和処理施設が稼働し、抗廃水は中和されて流されています。

また旧松尾鉱山跡地の森林は、露天掘やズリの堆積等により荒廃しました。
県の専門家らによる、樹木の自立的遷移が始まるまでは人工的に植樹が必要との見解から、
現在は植樹活動が行われるまでとなっています。

今回は、仙台からの参加者や岩手県内の参加者も含め200人ほど。
グループごとに4区画を受け持ち植樹をしてきました。

161002_2.jpg

スラグ、バ―ク(樹皮など)堆肥、海藻(カキ殻)、土をスコップでよく混ぜ、
真ん中を少し高くして、植える土壌を作ります。
そして、防風柵の側にアキグミ2本、20~30cm離してナナカマド1本、ダケカンバ1本を植えこみました。
この樹種も、鉱山周辺の在来種として選ばれているものです。
バ―クを被せて、マット状の表土を軽くかぶせて、終了です。

ここに、28年度植樹という記念看板を立て、その前で記念撮影。

以前に植えられた箇所も木々が育ってきている様子がわかりました。
地道な活動ではありますが、長く続けられることで効果が表れてくるのだと思います。
北上川流域に住んでいる私たちにとっては、無関係なことではないですよね。
岩手の豊かな自然環境を保つための取組を、
多くの方に知っていただく機会にもなったのではないでしょうか。

【取材】田植え体験と椿植樹地草取りツアー

 5月21日(土)・22日(日)に、
NPO法人べルダレルネーヨ、(有)ネパリ・バザーロ主催のイベントに参加してきました。

最初は奥州市のアグリ笹森さんへ。
農業法人を立ち上げて、高齢化で農業を続けることが困難となった方の土地を借り、
農作業を請け負うというシステムなのだそうです。
全体のうちの半分は無農薬・低農薬で耕作しているとのお話がありました。

ここでは田植えを行いました。

はじめは恐る恐る足を入れていましたが、だんだん慣れてきて、最後には
参加者で分業までできるようになりました。地道な手植えですが、機械では味わえない趣もあります。
田んぼも大事な生態系をはぐくむ身近な環境ですね。

お昼をいただきながら、参加者同士の交流も深めました。

その後、稲刈りを約束し、一路陸前高田市へ。

宿泊をする箱根山テラスに到着し、交流会では、陸前高田市で活動されている方から、
震災以降のお話を聞きすることもできました。

一泊し、二日目は「椿のみち」さんでの活動です。
震災支援をきっかけに、椿油の製油をする工房として地域振興にも携わっておられます。
昔から食用として重宝していた椿油を、地元のもので産業として確立させ、椿の里にしたいという
想いがあっての活動です。
こちらでは、椿植樹地の草取りと、椿油の工房見学をさせていただきました。

草取りでは、椿の生育の特徴や、草取りの方法などを伺い、作業を行いました。
生育の良い場所とあまりよくない場所では肥料の撒き方も異なるそうです。
草取りをした場所の下のほうには田んぼがあるのですが、
地元の方々が、海があり、田んぼがある美しい風景を残したいということで、
海水に浸かってしまった田んぼを復活させたのだそうです。
そのお米のブランドはもちろん「たかたのゆめ」。
塩分が幾分残っていた1年目のお米は、とてもおいしかったそうです。

工房の見学では、手仕事で椿の実を選別する作業の体験。
椿の実は、生ではおいしいものではないそうですが、搾油機からは少しずつきれいな油が流れていました。
ここで絞られた椿油は、ネパリ・バザーロさんで販売もされているのだそうです。

その土地の風景や環境は、そこに住む方々によって守られているのだと思います。
震災以降は、県外の方々からも支援があり、ここで生まれた人と人とのつながりによって
新たな活動や産業が生み出されている様子を垣間見ることができました。

参加された皆さんや受け入れてくださった施設の皆さん、ありがとうございました。

【取材】ガニザの沢の少年少女サワガニウォッチング

 5月7日(土)、岩手自然ガイド協会設立準備会主催の
「第276回例会・ガニザの沢の少年少女サワガニウォッチング」へ参加してきました。

この日は雨降りの中でしたが、
岩手大学獣医学科の学生さんたちが、研究のためサワガニを探しているということで参加していました。

サワガニは、感染症(肺臓ジステマなど)を引き起こす肺吸虫の中間宿主であり、
生食あるいは不十分なサワガニを食用とした場合に発症するのだそうです。

メスは直径3ミリほどの卵を40~50個ほど産卵、カニの仲間では産卵数が最も少なく、
最も大粒とのこと(少なく産んで確実に育てる)。腹脚に抱えて保護し、幼虫は卵の中で変態し、
孵化する際には、カニの姿となっているところがサワガニの特徴なのだそうです。
そしてサワガニは一生を海と無縁に生活します。
同じく川に生息するモズクガニやアカテガニなどは幼虫を海に放さないとならないそうなので、
サワガニだけの特徴なのでしょうか。
 
水のきれいな渓流(沢)・小川に多いので、水質指数1(奇麗な水)の指標生物ともなっているのだそうです。

勉強しながら集合場所へ到着。
さらに山道を車で行き、サワガニ採取ポイントまでは歩いて行きます。
途中、ミズバショウなどの季節の植物も!

P1600634.jpg

ガニザの沢では、石の下などを探し、やっと2匹のサワガニを探すことができました。

P1600633.jpg

雨が強くなってきたこともあり、この日はこれにて終了。
サワガニたちは、学生さんたちの研究用として持ち帰っていただきました。
(きっと素晴らしい論文を書いていただけるはずです…!)


この他にも、準備会さんでは定期的に自然体験などの活動をしていらっしゃいます。
今後のイベント情報は、「イベントカレンダー」にも記載していますので、参考にしてみてくださいね^^
 ►イベントカレンダー:http://www.iwate-eco.jp/calendar.html

 4月3日(日)、岩手自然ガイド協会設立準備会主催の
「第275回例会・少年少女盗人森(ぬすっともり)のシロップ探し」へ参加してきました!

今回、樹液をいただくのはイタヤカエデの木。
カエデ類は、早春、芽吹くためのエネルギーのために樹液をつくっており、
私たちは、その樹液をいただくことになります。
採取の前にはお酒を少しだけかけて、感謝の気持ちを表しているそうです。

P1600258.JPG
【イタヤカエデの木に設置された樹液採取のペットボトルとお酒】


P1600264.JPG
【ドリルで穴を開けているところ】

この日は雨模様で、樹液の出が悪かったため、前日に設置していたものを使うことになりました。

樹液原液を沸かし、紅茶葉を入れると樹液ティーの出来上がり!
また、樹液原液を使ったホットケーキも一緒に作り、自然の恵みをたくさんいただきました。

岩手自然ガイド協会設立準備会さんは、活動を始めて27年になるとのこと。
途中から、20年前に参加していたという、かつては少年少女だった学生さんも参加してくれました。
地道に続けてきた活動の目的が伝わっているようで、皆さんが嬉しそうにしていたのが印象的でした。

この他にも、準備会さんでは定期的に自然体験などの活動をしていらっしゃいます。
今後のイベント情報は、「イベントカレンダー」にも記載していますので、参考にしてみてくださいね^^
 ►イベントカレンダー:http://www.iwate-eco.jp/calendar.html

「いわて森・川・海活動事例集」のご紹介

| コメント(0)

岩手県で作成している「いわて森・川・海活動事例集」というものをご存知でしょうか?

県内の森・川・海において環境保全を行っている団体の様々な取組を紹介し、
他の環境保全団体の方々に参考にしていただくとともに、連携交流に役立てていただくことを目的に
平成20年度に作成されたものです。


平成24年度には、新たに6事例が追加されています

 「いわて森・川・海・活動事例集」
  (県で作成しているHPへ飛びます)

地域の環境保全活動について知るだけではなく、参加することもできます!
ぜひ参考にしてみてください^^

平成24年度
いわて水と緑の交流フォーラム

地域における水と緑を守り育てる活動の紹介を通じ、活動団体相互の連携交流や
活動に対する県民の皆さんの理解と参加の促進を目的として、下記の通り
フォーラムが開催されます。ぜひ、ご参加ください。

【日 時】 2012年1028日(日)13:00〜16:00
【会 場】 
エスポワールいわて(盛岡市中央通1-1-38) 2階大ホール

 ※入場無料

【定 員】 100名

【申 込】 下記の「申込用紙」でお申込みいただくか、メールにてご連絡ください。

   チラシ(表面) PDF  /  チラシ(裏面)【申込用紙】 Word ・ PDF


  ※申込書(チラシ)は、当センターでも配布しております。

【プログラム(予定)】
 13:30 岩手県環境保全活動表彰
      水と緑を守り育てる活動知事感謝状贈呈

 13:30 開会

 13:40 基調講演
      水環境を支える地下水の流れ
      講師 : 豊島 正幸 氏 (岩手県立大学総合政策学部教授)

 14:50 感謝状受賞団体による活動事例発表・意見交換会
      ○大沢農村振興会(洋野町)
      ○特定非営利活動法人北上川中流域エコミュージアム推進会議(奥州市)
      ○特定非営利活動法人エコスタディいさわ(奥州市)   ほか

 16:00 閉会

【主 催】 岩手県

【お問合せ】 岩手県環境生活企画室 
         電話:019-629-5329 FAX:019-629-5334
         mail:AC0001★pref.iwate.jp(★を@に変えてください)

岩手県では、いわての水と緑を守り育てるための活動をしている方々の活動を紹介し、
活動の連携や交流を図るとともに、県民の皆さんに「いわての水」について考えていただくため、
の交流フォーラム」を開催します!

【日時】2011年1月29日(土)13:00〜16:00
【会場】いわて県民情報交流センター アイーナ8階 804B会議室
【定員】100名
【プログラム】
 ○水と緑を守り育てる活動知事感謝状贈呈
 ○基調講演「流域のつながりと生物多様性」
   講師:平塚 明 氏 (岩手県立大学総合政策学部教授)
 ○感謝状受賞団体による活動事例発表・意見交換会

プログラム詳細および、申込書については、岩手県のHPをご覧下さい。
また、環境学習交流センターでもチラシ(申込書付き)を置いてあります


★☆ 昨年のフォーラムの開催報告 ☆★

 

「川の自然の中で夏休み川遊び体験教室@久慈」
◎日時:2010年7月29日(木) 13:30〜15:30
◎場所:久慈市 大川目公民館、久慈川
◎講師:藤森 敏夫さん(くじ・川の会)   
◎主催:環境学習交流センター 
 kuji1.jpg

 7月某日。環境学習交流センター土日環境学習講座が出張環境学習会とドッキング!

くじ・川の会の藤森敏夫さんを講師にお招きして、久慈市で川遊び体験教室を開催しました。

こんなにたくさんの子どもたちが参加してくれましたよ〜!

 川遊びの前に、センターの発電キットを子どもたちに体験してもらいました。

なぜか少年たちの顔に笑みがこぼれています。

 kuji2.jpg
 kuji3.jpg

 いよいよ久慈川へ!

川に実際に入って、水生生物調査を実施。

調査早々、カジカやヘビトンボなど、きれいな川に住む生き物をたくさんつかまえることができました^ ^

(つかまえた生き物は、調査終了後に川に還しました)

 kuji4.jpg kuji5.jpg

 ごみ拾いもしました。

なんと、子どもたちが、誰に言われたわけでもないのに、じぶんで拾ってきたのだそうですえらい〜〜〜!

せっかくのきれいな川にも、こんなにたくさんのごみが捨てられていたんですね。。。

 kuji6.jpg
 kuji7.jpg ←講師の藤森さん(右)とエコカーゴ(背後)。
 kuji8.jpg

 最後はみんなで美味し〜いスイカやジャガイモを食べて、小雨が降りだしたところで(ぎりぎりセーフ)解散!

みんながおとなになっても、きれいな久慈川でありますように。

藤森さん、くじ・川の会の皆さん、参加して下さった皆さん、ほんとうにありがとうございました!

 ☆お知らせ
今回講師をしてくださった藤森敏夫さんが、再び土日環境学習講座に登場です!
◎テーマ:「中津川に遡上するサケ」
◎日 時:9月18日(土) 13:30〜15:00
◎場 所:環境学習交流センター(盛岡駅前西通1-7-1 アイーナ5F)
◎備 考:入場無料・予約不要
皆さんふるってご参加ください。

イモリ日記〜番外編〜

| コメント(0)

ボブ(以下B)「久しぶりに環境学習交流センターに来たな〜」
マイケル(以下M)「へー。ボクは結構足繁く通っていたケドネ。
             それじゃキミ、センターに今イモリが何匹いるかも知らないのカイ?」
B「バカにするなよマイケル。正解は so 3匹ダロ」
M「ボブのことだからひっかかると思ったヨー。正解は6匹デシター」
B「six?この前ボクが来た時には確かに3匹だったのに。いつの間に増えたのさ」
M「K村さんがセンターにって連れてきて下さったのさ。
  おかげでキッズからグランマグランパまで大人気だヨ。
  コイツらはセンターのアイドルといってももはや過言では無いネ」
B「確かにとってもcoolだもんなー。見てよ、この顔!ハハッ」
M「ほんとにボブは無邪気だなァ」

imori.JPG

 


 

 

 

 

 

M「それじゃお次はどうだい?実はセンターには新しい仲間も加わったんだぜ」
B「何ダヨ。もったいぶるのはキミの悪い癖だぜ」
M「ジャーン」
B「デカイねコレ。スネイル?」
M「そう。かたつむり
B「コイツはどこから来たのさ」
M「生き物係のアイツが拾って来たらしいヨ」
B「ああアイツか…。ホント好きだネ」
M「事務所の自分の席で飼っていて、向かいのHちゃんに嫌がられてるらしいんだ」
B「Hちゃんが嫌がってるって!?そいつは可哀想だ!」
M「ボブはホントにHちゃんが好きだネ。キミのワイフに告げ口しちゃおうかな」
B「No!それだけは勘弁してくれヨ!」
M「ジョーダンはさておき、かたつむりって何を食べるか知ってるかいボブ?」
B「ウーン?」
M「野菜が好きなんだ。切れ端とか美味しそうによく食べてるヨ。
  クローバーや卵の殻なんかも好きらしい」
B「へー」
M「面白いのは、食べたものと同じ色のウンチをするのさ。
  ニンジンを食べたらオレンジ、レタスを食べたら淡い緑のウンチをするヨ」
B「ほんとかい?そいつは面白いネ!ハハッ」
M「ほんとにボブは無邪気だなァ」

mutsuko.JPG



 

 

 

 

 

B「おや、アレは何だろう」
M「そうそう6/29〜7/31まで、環境学習交流センターでは
  “森川海月間・特別企画展〜いわての川を、もっと知ろう!〜”と題して、
  パネルや資料、岩手県環境保健研究センターからお借りした
  28種類の水生生物の標本などを展示しているんだヨ」
B「(マイケル急に説明口調になったヨ…)うわっすごいなぁ。モンスターみたい」
M「岩手の川にはほんとうに多様な生命が暮らしているというのがこの展示からよく分かるね」
B「(ほんとに今日のマイケルどうしちゃったんダロ…)見てみてマイケル!
  ガガンボにカゲロウ、ヘビトンボにトビケラ…。みんなとってもcoolだなァ」
M「ほんとにボブは無邪気だなァ」  

環境学習交流センターにはさまざまな生き物も一緒に暮らして(?)います。
お近くにお越しの際はぜひお立ち寄り下さいませ♪

日時:2010年3月22日(月) 13:00〜16:00
会場:いわて県民情報交流センター アイーナ8階 804会議室
主催:NPO法人 北上川流域連携交流会
共催:岩手県
 

enjoy_1.JPG

 <雫石小学校の事例紹介の様子>

<プログラム>
◇私たちのエンジョイ・リバー発表会(活動報告)
 ・雫石町立雫石小学校
 ・宮古市立茂市小学校
 ・盛岡市立下橋中学校
 ・岩手大学「北上川流域学実習」
 コメンテーター:佐々木剛さん(東京海洋大学准教授)
◇川の安全ミニ講座
 講師:内田尚宏さん(NPO法人北上川流域連携交流会)
◇みんなで選ぼう!「川と親しむ標語」コンクール
◇さかなクンと遊ぼう!
 「さかなクンのおさかなクイズと川のお話し」
 講師:さかなクン(東京海洋大学客員准教授)
◇「川と親しむ標語」コンクール 入選作発表

 ぎょぎょ!親子連れがすっぎょい集まっているよ!

ということで始まった「エンジョイ・リバーinいわて」。身近な自然環境である川での活動についてその事例を紹介したり、安全に川で活動するための方法などを教えていただいたりと盛り沢山の内容でした。

さらに、県内から300件近くも応募が寄せられたという「川と親しむ標語」コンクールや、イラストレーター・お魚博士としても有名なさかなクンの講演もあったため、たくさんの親子連れも参加していました!

川遊びや水生生物調査、川下り体験など、川での活動は魅力的で楽しい反面、危険もいっぱい。本当に楽しい遊びや学習の場とするためには、ちゃんと危険を回避する方法について体験を通して学ぶ事が大切とのこと。

今回活動報告をしてくれた茂市小学校の皆さんは、①ライフジャケットの着用②流れる時は頭を川上に③川を甘くみないという3点を自分たちの体験も交えて紹介してくれました。
 

enjoy_2.JPG

<川のミニ安全講座の様子>
ライフジャケットの正しい着用方法や
ロープを使った救助方法などを
分かりやすく解説していただきました。

 

enjoy_3.JPG

<「川と親しむ標語」コンクールの応募作品>
どの作品も力作で選ぶのが難しい。。。
全部に賞をあげたいくらい!

 雫石小学校では水生生物調査の後にはアンケートを実施して自分たちの活動の振り返りまでしっかりしていました。下橋中学校は「SHEL学習」という3年間を通して身近な自然環境を学んでいる事例を紹介。岩手大学の「北上川流域学実習」は、学生自身の学びの場であると同時に、子供達と一緒に遊び指導できる立場として活動しているとのことでした。

------------------------------

休憩をはさんで、いよいよさかなクンの登場!
岩手でも身近な魚であるサケやイワシを例に、その場でイラストを描きながらクイズを出してくれたりと、子どもから大人まですっかり夢中で話を聞いています。お、面白い・・・!

魚のミニ知識も勉強になりましたが、海の環境についても守っていかなければならないという気持ちになりました。魚に詳しい子ども達も、そのことをちゃんと胸に刻んでいたようです。

川の活動についてその安全面という視点を取り入れている今回のようなフォーラムは、私も初めて参加しましたが、めずらしいのではないかと思います。川で楽しく遊んだり学習したりするためには、自分達で身の安全も守っていかなければならないのだと、すっぎょく勉強になったのでした。


 ※すぎょい、すぎょく・・・さかなクン語録。「すごい」「すごく」などの言葉で「ご」の部分を「ぎょ」にすると、
               あなたもさかなクンのように魚博士になれるかも!?
               (しばらく私も「ぎょ」を多用・・・)

 

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち森川海カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは展示です。

次のカテゴリは環境アドバイザー派遣です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ