新着図書のご案内

10月1日より、新着図書の貸出をスタートしました!

また、少し前には寄贈いただいた図書もあり、
そちらも併せて「新着図書コーナー」にて紹介中です。

読書の秋に、環境学習交流センターの本を読んでみませんか?

今回新しく仲間入りした本のリストは下記をご覧ください。

tosho161001_1.JPG
tosho161001_2.JPG

~ご利用にあたって~
○お一人様5冊まで、2週間借りられます。
○アイーナ会員カード(アイーナ3階総合案内にて作成)が必要です。

図書の検索や、図書関連のお知らせはウェブサイトからどうぞ♪
http://www.iwate-eco.jp/study/center-books.html

皆様のご利用をお待ちしております!

【訪問学習】H28年9月の様子

9月から11月頃にかけて、訪問学習のご利用が多くなり、
環境学習交流センターだけではなく、アイーナ全体が賑やかな声に包まれることも多々あります。
というわけで、混みあう時期には特に、早めのお申込みがおすすめです
9月中に実施した訪問学習の様子を下記よりご覧いただけますので、
これから申込みされる場合の参考にしてみてくださいね!

※写真公開の許可があった団体のみ、写真を掲載しています。


*盛岡市立米内小学校2年生(訪問日:9月6日)

0906yonai_1.jpg 0906yonai_2.jpg

環境学習の前に、少し緊張をほぐしてもらおうということで、簡単なゲームからスタート。
オプションメニューにもなっている「水のオリンピック」のうち1種目にチャレンジし、
水の性質と不思議を体験してもらいました。
写真ではわかりづらいのですが、これがとても盛り上がるんです!
表面張力のすごさを実感できたのではないでしょうか??
その後の環境紙芝居でもその流れでたくさんの発言を引き出すことができたように思います。
後日、感想文も送っていただきました。ありがとうございました。


*滝沢市立姥屋敷小学校1・2年生(訪問日:9月8日)

0908ubayashiki.jpg

1・2年生の7名で「ごみっしょんいんぽっしぶる」(3Rやごみ減量などに関するクイズラリー)を実施。
アイーナの1~6階に隠されたクイズを探して制限時間内に戻ってくるというミッションです。
全問正解を目指して頑張ってもらいましたが、ちょっと難しい問題もあったかもしれません(^^;
しかし、日頃どれだけごみを出しているのかな?と考えるきっかけになったのではないでしょうか。


*滝沢市立鵜飼小学校2年生(訪問日:9月21日)

鵜飼小学校2年生の皆さんは、約30名ずつ5グループにわかれていただき、
アイーナ見学や図書館見学も含めたローテーションでのセンター見学となりました。
センターでは限られた時間でしたが、環境紙芝居と自由見学を実施しました。
ほとんどの子どもたちが初めて訪れたということだったので、まずはセンターを知ってもらうこと、
そして、どんな時に活用できるのかを先生方にも知っていただく機会になったと思います。

また来てみたいという感想もありました。
そう思っていただけるのが嬉しいですね^^


*雫石町 町民環境講座(訪問日:9月21日)

0921shizukuishi_1.jpg 0921shizukuishi_2.jpg

雫石町の環境講座は全5回シリーズで、そのうちの1回をセンターでの体験学習としていただきました。
皆さん、環境団体に所属されている方や、環境問題への関心が高い方々です!
前半は、IPCCリポートコミュニケーターによる講座「地球温暖化と気候変動」を受講していただき、
地球温暖化問題の影響や対策にまつわる最新情報の共有をしました。
後半はセンターの展示物を体験したいとのことでしたので「もてるかな?」を実施しました。
地域のリーダーとして活躍されている方もいらっしゃると思い、
貸出物のツールや、うちエコ診断等の事業もご紹介させていただきました。

*盛岡市立高松小学校2年生(訪問日:9月29日)

0929takamatsu.jpg

アイーナ見学、図書館見学と組み合わせたローテーションでのご利用でした。
環境紙芝居では、子どもたちの反応からエネルギーについての理解が深まったことが実感できました。
ここで学習は終わりではなく、ぜひ学校に持ち帰ってこれからの生活でも
できることから取組んでもらいたいと思います。


※訪問学習の概要・申込用紙はこちら:http://www.aiina.jp/environment/3houmonn.html
  ご利用前に、上記ページの注意事項をご覧いただきますようお願いします。

着物リメイクファッションショーin復興バザー

今年で4回目となる「着物リメイクファッションショー」を10月2日(日)に開催します!
この日はアイーナ復興バザーが開催されていますので、あわせてお楽しみください。

 
 

h28fashionshow.jpg

0922 積み木 「未来の宇宙都市・・・・」

 P1080233.JPG

小学生の女の子たち3人組が一生懸命積み上げた作品
夢のある素敵な作品が完成しました!!(エコハッチャンもびっくり)
楽しんでくれてありがとう。

アイーナインフォメーション2016年10月号

「アイーナインフォメーション」は毎月発行されており、
アイーナ内各施設の催し物やお知らせなどの情報が満載です。

10月号が発行されましたので、当センターやアイーナ各施設ご利用の参考にぜひご覧ください!

(画像をクリックすると拡大)

aiinainfo201610_1.jpg


aiinainfo201610_2.jpg

*PDFのデータはこちらから ⇒ アイーナインフォメーション10月号

160911_1521-01.jpg160911_1436-02.jpg 160911_1424-01.jpg

9月9日、10日、11日希望郷いわて国体を観戦。
スポーツから得るひたむきな姿と感動をたっぷりと味わうことができました。
※一枚目の写真は競泳会場の様子
※二枚目写真は岩手チームのTシャツ。全体にわんこちゃんがいろいろな競技をしているイラストが描かれていてとてもかわいいTシャツだったので「どこで売っているのかな~と」声をかけたところ判明。残念ながら買うことはできませんでした。写真を撮らせていただきブログUP掲載は許可済み。ありがとう!大会お疲れ様でした。
※3枚目の写真は飛び込み会場のエキシビション風景。とっても素敵なイベントで引退式のセレモニーやわんこグッズが当たるじゃんけん大会などあり、かなり盛り上がりました。中でも司会をされた方のお話が感動的・・・・「2011年震災の年が岩手インターハイでした。大変な時だったけれど岩手の方々は私たちを受けいれるため努力をしてくださいました。また今回の国体前には台風の被害があり大変な状況でした。そんな中こうしてわたくしたちを受け入れてくれた。そのうえいつも屋外で競技を行うことが多い私たちのために屋内になるよう仮設テントを張ってくれたおかげで寒さや風の影響を受けることなく競技をすることができました。ありがとうございます!!」という言葉でした。岩手県民が他県の方々に感謝の気持ちを伝える国体であったが逆に感謝され、おもてなしの心が伝わったと思える瞬間でした。オリンピック代表の方々も岩手に来ていただいて本当にありがとう!!みなさんのパワーをいただき、復興するまで頑張らなくてはいけませんね。
選手の皆様、盛岡市の皆様、ボランティアスタッフの皆様、大変お疲れ様でした。素晴らしい大会でした。

追記
会場内、会場外とも無料ドリンクサービスがあったせいかペットボトルごみが少なかったような・・・気のせいでしょうか。

160911_1458-01 (1).jpg160911_1552-01.jpg

森の工作館9/8 勇者の剣!!

P1080122.JPG  P1080123.JPG

森の工作館でアイディア満点の剣が完成。
出来栄えにとても満足そうな男の子。ハイポーズ!!
とってもかっこいいね~(エコハッチャンより)

インターンシップの受入れをしました!

環境学習交流センターでは8月31日~9月4日の5日間、
岩手県立大学の学生2名をインターンシップとして受入れ、
様々な業務の体験をしていただきました。

最終日となった本日、5日間のふりかえりをまとめていただきましたので、
この場で紹介いたします!


 ※初日は
センターのFacebookに報告を載せていますので、そちらをご覧ください。

◆------------------------------------------
 
 岩手県立大学3年の川守田です。早いもので、本日4日でインターンシップも最終日となってしまいました。環境学習交流センターでは、事務作業からイベント補助まで様々な業務の体験をさせていただきました。
2日目で行ったアンケート集計の際のレイアウト作りや、3日目で行ったアンケート集計と結果のまとめでは、より見やすくわかりやすいレイアウトの仕方や、相手に分かりやすい結果の示し方などを考え学ぶことができました。アンケートなどによって結果をとることも大事ですが、それを分かりやすくまとめることも調査結果を有効に活用するためには重要であると感じる作業でした。
 3日目のエコアート補助では、準備だけでなく実際に会が行われているところを見せていただき、エコアートの企画が新しいつながりを形成している様子を感じることができる良い機会だったと思います。   4日目のイベントの補助では自分が思っていた以上に幅広い年代の多くの方がブースに来てくださり、たくさんの方々に環境の大切さについて興味を持っていただくことができたように思います。このようなイベントが一般の方々の環境への意識の啓発や、意識していただくきっかけになっているのだと体感することができました。
 最終日は、うちエコ診断を自分で受けさせていただき、診断士の方から実際にアドバイスをいただくことができました。実際に受けてみると、自分の家庭でのことについてなので、CO2の排出量などがとても身近に感じます。正直ハッとさせられるところもあったので、環境のために行われていることを自ら体験することで、その影響の大きさがよく分かりました。
 この5日間で様々な体験をさせていただきましたが、多彩な業務内容に驚かされました。イベントやアンケートの実施など主体的な業務の多さと細やかさはもちろん、県民と環境に関する活動をつなぐコーディネーターの役割も担っており、こうした幅広い業務が環境のため、県民のためになっていると感じました。今回のインターンシップでは、環境を守るための仕事を身をもって感じることができ、環境問題についても改めて考え、理解を深めることができたと思います。環境問題というスケールが大きく先の長い問題ですが、環境学習交流センターでは解決のためにできることを様々な形で行っており、そして職員の皆様が真摯に向き合っていることが、短い間ですが一緒にお仕事をさせていただくことでよく分かりました。とても自分の身になるインターンシップになりました。また、質問に対して丁寧に答えていただいたり、積極的に声をかけていただいたり、職員の皆様には毎日助けられていました。最後になりましたが、環境パートナーシップいわて及び環境学習交流センターの皆様、5日間の短い間でしたが本当にお世話になりました。そして、この機会を与えてくださり本当にありがとうございました!

CIMG7080.JPG P1080069.JPG 
 
◆------------------------------------------
 
 2日目には代表である野澤さんからこの施設の概要説明等をお聞きしました。発足期からげ現在に至るまでの様々な出来事や現在どのようなことに取り組んでいるかなど聞くことでよりこの環境パートナーシップいわてについて学ぶことができました。また、この先の将来必ず訪れる世界の問題や今の若い世代がどのように担っていけばよいかなど考えさせられるお話しを聞き、一層どのように行動したらよいかを自分でも再確認しなければいけないことが分かりました。そのほかにアンケートの集計を行いました。二人で分けて集計を行いましたがなかなか終わらず、また自分自身も集計する作業が得意ではなかったために手こずってしまい、改めて自分の作業の遅さがとても分かった日でした…。

 3日目はエコアート補助、国体応援展示の掲示版作り、エネルギー分析集計を行いました。エコアートは毎週決められた曜日に沿岸地域の方々など様々な方が集まり牛乳パックをパレットにしながら好きな絵を思い思いに描いている様子を見学しました。水彩や鉛筆画など多様な方法で自分たちが持ち込んだ季節の花を描いていていました。絵を描いている方々全員本当に絵がお上手で絵がへたくその私は見習うところがたくさんある時間でした。また、国体が近くなるということで国体応援の掲示板を作成しました。多くの応援メッセージが来てくれると良いなと思いながら丁寧に作ることができました。午後はエネルギー調査の集計、講演会を聞きに行きました。エネルギー集計では2日目とは違いグラフ化することまで行いました。この時間まででは終わりませんでした…。残りの時間は防災コミュニティーの講演会を聞きに行きました。様々な分野の先生が違う目線での講演会はこれからためになることばかりで学ぶことが多い時間でした。

 4日目は東北農業研究センターで出張環境学習会に参加させていただきました。来場者の対応やアンケート調査のお願い等を行いました。たくさんの方々が一気に訪れたりしたためかなり焦ってしまい様々なミスを起こしてしまいこのような場面でこそ冷静な対応が必要になることを学びました。午後は来場してくれた子供たちと色々な環境学習交流センターの物で遊びながら様々な手伝いを行いました。何回も同じ子供たちが遊びに来てくれてお手伝いしている私たちも楽しい時間を過ごすことができました。4日目の天気はとても暑く大変でしたがいつもは様々な気候の中でたった二人で回していると聞いて驚きながらも苦労を味わうことができた日でした。

 最終日の5日目は初日の蔵書点検とうちエコ診断を行いました。5日目で一番驚いたことはうちエコ診断で私の家庭の二酸化炭素の量が異常に放出されていることでした。節約しながらも生活していると思っていましたが結果として出してみると100人中73位で全くエコな暮らしができていないことがこの結果でわかり、これからどのようなことをしていけばよいかの改善法がよく理解できました。これからの生活を見直していきたいです。

 5日間働いてみて環境といっても分野が様々で多くのことを行っていることが分かりました。また、今まで行ったことがない仕事を体験して様々なことを学び吸収することができました。
今回は5日間お世話になりました。

CIMG7057.JPG P1080075.JPG

◆------------------------------------------

受入れる立場としては、どんな体験をしていただくのが学生のためになるのかと考えたり、
普段の業務を外から見る視点を持てたことで見えたこともあります。
一つ一つの作業について学生に理解していただきながら進めるためには、
その作業が全体の中でどのような位置づけにあり、目的はどこなのか、ちゃんと説明する必要があります。
2人のふりかえりを読ませていただくと、こちらの説明が不足していたかもしれない…とか、
しっかり意図が伝わっているなとか、自分たち自身をふりかえることができました。

今回来ていただいたお二人も、慣れない作業ばかりだったと思いますが5日間お疲れ様でした!
少しでも今後の役に立つことがあったのならば幸いです。

夏休みの思い出㏌環境学習交流センター

8/25 ちょっとひとやすみのヨシノボリ

P1080051.JPG 
のんび~り細い葉っぱの上で休憩中のヨシノボリを発見。のどかな光景に癒されますね。
なかなか見られない光景に思わずパチリ。(エコハッチャンより)

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

最近のコメント

月別 アーカイブ