環境学習講座の最近のブログ記事

~新型コロナウイルスと私たち~終了しました!!

講座タイトル:新型コロナウイルスとわたしたち
開催日時:令和2年8月7日 13:00~15:00
開催場所:いわて県民情報交流センターアイーナ5階環境学習交流センター
ファシリテーター:菊池真美子氏(JICA東北岩手デスク)
参加者:4名(他スタッフ2名も参加)

開発教育協会のプログラムを活用した講座の開催
内容
①導入アイスブレーク:わたしの気持ち
自己紹介をしながら新型コロナウイルスに対する気持ちの共有
②何が起こったどう感じた
感染拡大をめぐる世界の出来事を知る。
他者と共有することで他者の気持ちや思い、状況の違いに気づく。
③様々な意見を読んで考える
新型コロナウイルスについての環境、開発、人権、ジェンダー等の視点からの意見にふれる。現代社会のありようや自分のライフスタイルを見つめなおし、よりよい社会を模索するきっかけとする。
④これからの世の中はどう変わる?どう変えたい?
新型コロナウイルス感染症に対するさまざまな気持ちを「未来を変えていく力」に変えられるよう、「わたしが変えたいと思う事」という視点を持ってコロナ後の世界を変える。よりよい社会を模索する。

IMG_4580.jpg  IMG_4582.jpg IMG_4588.jpg IMG_4589.jpg

参加者人数は4名(スタッフも2名参加合計6名)と少なかったが、10代高校生、20代、60代、80代と様々な年代による「気持ち」や「感情」「思い」を共有することができた。
新型コロナウイルス対策も行いつつ、模造紙を活用するなど座学だけではない工夫をおこなうことによってリラックスして参加できる講座となった。
 80代の方が戦争を経験していることから、新型コロナは感染しないように気を付けることができるが、戦争というどうにもならないことを経験しているといった話をされた。またIT時代へ突入していることと自身の生活の乖離など私たちが気づかずに見過ごしてしまいそうな課題や問題点を投げかけてくれた。高校生から近所の高齢者を集めて話ができる場を提供する企画を行った事例などに発展し「誰一人も取り残さない」に通じるワークショップとなった。
 少人数ならではの深いところに入りこむ話し合いができたことの意義は大きいと感じた講座でした。ファシリテーターの菊池さん、参加者の皆様有難うございました。
 

0726)一緒にSDGS体験しよう!終了しました。

講座タイトル:一緒にSDGS体験しよう!
開催日時:令和2年7月26日(日)13:00~15:00
開催場所:アイーナ5階 環境学習交流センター
講師:センタースタッフ
参加者:①スゴロクゲーム5名、②カードゲーム6名
①スゴロクゲームの様子
参加者でスゴロクのマスを作成しているところ。
SDGS17の課題解決を考えながらマスをみんなでうめていきました。
内容によって3マス進、1マス戻る、一回休み、一気にゴールなどを記入する。
例:ゴール12(つくる責任、使う責任)リサイクル活動に参加したので3歩進むなど。

IMG_4537.jpg IMG_4533.jpg IMG_4534.jpgIMG_4538.jpg

②アクションカードゲームクロスの様子
トレードオフカード:ゴール6安全な水とトイレを世界中に
リソースカード:参加者へ各3枚配布
それぞれの持ちカードでアイディアを出し合い課題解決に挑戦。
小学生の柔らかな視点で素晴らしいアイディアが飛び出すなど良い体験となりました。
参加者の皆様からは「リソースカードの配布によってこれまでの固定概念をすててあらたな視点を持つことができた」といった感想もありました。皆様のそれぞれの視点はとても参考になりました。
参加してくださった皆様ありがとうございました。

IMG_4540.jpg IMG_4541.jpg

 講座名:スゴロクゲーム「水の旅」で地球の循環を学ぼう!
開催場所:いわて県民情報交流センターアイーナ5階環境学習交流センター
開催日時:令和2年7月23日(木)海の日
講師:浅井 勇貴氏 みちのくコカ・コーラボトリング株式会社 グループ人事部PR課
参加者:子ども9名 保護者7名 合計16名
協力:みちのくコカ・コーラボトリングスタッフ2名、
主催:環境学習交流センター(センタースタッフ4名サポート)

講座概要
・みちのくコカ・コーラボトリング会社概要説明
・日本のコカ・コーラシステムによる「容器包装のビジョン」
・「い・ろ・は・す」天然水100%リサイクルペットボトルが実現する環境への配慮
・水資源保護
・コカ・コーラの水はどこの水?

IMG_4505.jpg 
・スゴロクゲーム「水の旅」参加者の皆さん各ポイントを回っているところです。
海へ行ってしまうとそこからなかなか抜け出せません。

IMG_4526.jpg IMG_4497.jpgIMG_4508.jpg IMG_4512.jpg IMG_4507.jpg IMG_4511.jpg

「い・ろ・は・す」と海外の水の利き水体験 さて、軟水と硬水の区別がついたかな?

IMG_4520.jpg

循環の旅を続けられなくなると廃棄物・ごみとなってしまいます。人間が使っているペットボトルの循環、「お家できちんとリサイクルしましょう」。また、使う水はできるだけ少なく、使った水は責任を持って自然に返す。水も大切な資源です。

参加していただいた皆さん、楽しく水の旅を体験できたでしょうか?資源を大切にするために皆さんができる事取り組んでみましょう。

 

 





 

講座名:海洋ごみ・プラスチックごみ問題を考える
開催日時:7月22日(水)18:00~21:00
開催場所:いわて県民情報交流センター アイーナ7階、アイーナキャンパス学習室1
講師:渋谷 晃太郎氏岩手県立大学 岩手県立大学総合政策学部教授
参加者:20名・事務局1名
主催:環境学習交流センター
講座概要
・海ごみ なぜ問題になっているのか
・海ごみ現状
・海ごみの大半はプラスチック
・プラスチックについて 基礎知識
・海ごみの現状
・海ごみの問題点
・世界の海ごみ対策
・日本の海ごみ対策
・岩手県の海ごみ対策
・プラスチックごみについて
・岩手県の海岸の状況 

IMG_4490.jpg IMG_4495.jpg

定員20名参加のもとプラスチックごみ問題について学びを深めることが出来ました。参加者の数からも関心度の高さがうかがえる講座となりました。ご参加いただき有難うございました。


 

8月環境学習講座

講座名:~~新型コロナウイルスとわたしたち~
開催日:令和2年8月5日(水)13:00~15:00
開催場所:アイーナ5階 環境学習交流センター
定員:10名どなたでも(お子様連れも大歓迎)
ファシリテーター:菊池 真美子氏(JICA岩手デスク)
主催:環境学習交流センター
SDGs:「3すべての人に健康と福祉を」・「11住み続けられるまちづくりを」・「4質の高い教育をみんなに」・「17パートナーシップで目標を達成しよう」

新型コロナウイルスを通して世界と私たちの生活のつながりを知り、「今」と「これから」を考えるワークショップを開催します。これからの私たちの生活について一緒に考えてみませんか?
本講座は開発教育協会の教材を活用して実施致します。
※新型コロナウイルス感染症対策に留意して講座を実施致します。
マスク着用。出入口での手指の消毒、体調不良の方は参加の自粛を宜しくお願い致します。

詳細はチラシ参照の事
0805.jpg 

 

0001.jpg  0006.jpg      

センター内にあらかじめ設置したチェックポイントをスゴロクを振って出たポイントに移動。
終了時間まで繰り返し、終了時間にいた場所があなたのゴールです。
岩手県ならではのチェックポイントの旅を楽しんでみましょう。
さて君はどんな水の旅をしたのでしょう。
スゴロクゲームで楽しく水の循環を学べる「水の旅」是非ご参加ください。
夏休みの自由研究にしてみては?

環境学習講座:「水の旅」
開催日時:令和2年7月23日(木)13:30~14:30
開催場所:環境学習交流センター(アイーナ5階)

 

7月環境学習講座
講座名:一緒にSDGs体験しよう!第二弾!!
開催日:令和2年7月26日(日)
①スゴロクゲーム:13:00~14:00
対象:どなたでも
スゴロクのマスを作成するところからがゲームそれぞれのグループが抱えている小さな悩み・課題を見つけ、スゴロクのますに解決策を記入していく。楽しく!面白く!スゴロクゲームを成立させ、課題を解決していこう!

②アクションカードゲーム:14:30~15:30
対象:小学高学年以上~おじいちゃんおばあちゃんまで!
3人以上でゲームができます!環境学習交流センターオリジナルのビックなカードで、誰でも楽しく気軽にSDGs体験してみよう。

詳細はチラシ参照

0001.jpg

 

6月環境紙芝居から学ぶSDGs~森と海のものがたり~終了しました!
開催日:令和2年6月27日(土)①1000110013001400
開催場所:いわて県民情報交流センターアイーナ5階 環境学習交流センター内
講師:坂下 洋子氏 子供向け英語ホームティーチャー・環境カウンセラー
スタッフ:2名
参加者:①2家族4名・取材1名 ②2家族6名 合計11名
プログラム
紙芝居
 うみからのあかしんごう ②えこちゃんともりぼっこ ③はちどりのひとしずく
ワークショップ
はちどりのひとしずくの「つづき」や気づいたことを考える。
ジオラマづくり豊かな森と海を完成させよう!!

 IMG_1242.JPG IMG_1238.JPG IMG_1241.JPG IMG_4323.jpg IMG_4324.jpg IMG_2866 (1).jpg IMG_4329.JPG IMG_4339.jpg 

新型コロナウイルス感染防止対策のためたくさんの方をお呼びしての講座の開催ができませんでしたが午前・午後合わせて4家族(10名)参加のもと環境紙芝居から学んだことをジオラマづくりに生かし素敵な森と海を完成させることができました。
SDGsって何だろう?誰一人も取り残さないってどういうこと?
今回のテーマである
気候変動に具体的な対策を13
海の豊かさを守ろう14
森の豊かさも守ろう15

紙芝居から学んだことをジオラマづくりで可視化をすることができたのではないでしょうか?今日体験したことを意識の中に小さな種をまくことができたのであればうれしいですね。
参加者の皆さんとともに楽しい環境学習講座を開催することができました。参加の皆さんありがとうございます。7月・8月も様々な講座を用意していますので是非参加してくださいね。

 

 環境学習交流センター/岩手県地球温暖化防止活動推進センターをご利用いただいている皆様へ

緊急連絡


令和2417日(金)

各位

環境学習交流センター

岩手県地球温暖化防止活動推進センター

センター長 野澤 日出夫

 

緊急事態宣言におけるセンターの対応について

 

春暖の候、日ごろ環境学習交流センター/岩手県地球温暖化防止活動推進センターの活動にはご理解ご協力を賜り感謝申し上げます。

皆様もご承知の通り新型コロナウイルス感染防止における「緊急事態宣言」が政府より発令されました。この宣言を受け今後の対応を検討し、岩手県と協議をいたしました。すべての皆様の安全を守るため下記のような自粛行動を行うこととなりましたのでご報告申し上げます。

 

                記

①環境学習交流センター/岩手県地球温暖化防止活動推進センター(アイーナ5階)臨時休館期間  令和2418日(土)~令和256日(水)

 

この期間、派遣等の受付およびセンターが関わる全てのイベントを中止とさせていただきます。

アドバイザー派遣

推進員派遣

ほか全てのイベント

 

 

※※※イベント中止のお知らせ※※※※

新型コロナウイルス感染防止のため開催予定しておりました下記イベントが中止となりますのでお知らせいたします。

①4月11日(土)「ほし空セミナー」
②4月2日(木)~4月19日(日)「もりおか星空ギャラリー」

関連イベントの中止について
③4月1日(水)~4月19日(日)もりおか星空キャラバン 市内巡回観望会
④4月18日(土)メインイベント 星空観望会 盛岡市中央公園

 0001.jpg

 

 



 

 

 

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち環境学習講座カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは環境アドバイザー派遣です。

次のカテゴリは訪問学習です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ