環境学習講座の最近のブログ記事

7月環境学習講座

夏休み親子エコクッキングが開催されます。
若生先生と一緒に~エコクッキング~を楽しみましょう!!
0001 (4).jpg

開催日:7月28日((土))10:00~13:00(調理試食片付けまで)
講座名:~旬を感じてみよう夏野菜丸ごとクッキング~
集合時間場所:アイーナ6階調理実習室
定員:親子10組 要申込
申し込み締め切り日:7月20日(金)
参加費:500円(材料費)
持ち物:エプロン、三角巾
講師:若生 和江氏 
プロフィール:岩手県食の匠、岩手県地球温暖化防止活動推進員、岩手県環境アドバイザー

詳しくは下記チラシ参照の事
0728エコクッキング.pdf

 

 

 先月に引き続き、月曜リサイクル・ぷち講座の第2弾を開催いたしました。今日は牛乳パックをリサイクルしてハガキの台紙作りの回です。まずは前半、岩手県のゴミ問題について学び、「3R」について知識を深めた後は、「わんこ節電所」にも参加していただき、日頃それぞれが取り組んでいるエコについて話し合いました。

P1040426.JPG P1040429.JPG

そして後半はいよいよリサイクルはがき作りです。牛乳パックの防水性について紹介し、紙すきができるようにするまでの作業工程を説明しました。納得したところで紙すきを実践していきます。参加者の中には、なかなか思うようにいかずに、やり直しをする人もいましたが、最終的にはみなさん素晴らしいハガキが完成しました。

P1040430.JPG P1040433.JPG P1040444.JPG

今日作ったハガキは各自家に持ち帰って、しっかりと乾かしてもらいます。そして来週はバラの花のデザインを、使い終わった封筒や歯ブラシを使ってステンシルで描いていきます。素敵なリサイクル作品が出来上がるといいですね。

 フェアトレード連携事業JICA東北×環境学習交流センター

開催日時:5月19日 12:00~12:45
会場:5階会議室
対象:高校生以上・一般
講座名:「SDGS(エス・ディー・ジーズ)とつながる一歩」
参加者:13名
講師:JICA東北 環境学習交流センター
 国連は貧困や格差、環境など17分野で2030年までに達成を目指す「持続可能な開発目標を掲げています。世界の未来を変える17の目標が自分とどのようにつながっているか?一人ひとりがどんなことが出来るのか思いを広げていくワークショップを行いました。
まず初めにJICA東北よりMDGS、SDGSの概要説明
MDGSが8つの目標であったのに対しSDGSは17の目標。どのような違いがるのかなど対比して説明していただきました。
環境学習交流センターでは環境の視点から海に浮かぶプラスティック片についてをテーマに参加者の皆さんとどの目標に当てはまるか考えていただきました。元気に泳ぐ魚たちの映像から岸辺に打ち上げられたクジラの映像、30キロものプラスティック類を呑み込んで死んでしまったクジラの写真を見ていただきました。このプラスティック類がなぜ海にあるのか考えていくうちにSDGSの目標「12つくる責任,つかう責任」、「14海のゆたかさを守ろう」、「11すみ続けられるまちづくりを」など参加者の皆さんから目標が掲げられました。白化したサンゴの映像からは海の温暖化へとつながり「13気候変動に具体的な対策を」の目標が掲げられ自分のすべきことへとつなげることが出来たワークショップとなりました。
P1040397.JPG P1040413.JPG P1040393.JPG P1040403.JPG

 

 

(公財) 国際交流協会・JICA東北・環境学習交流センター連携事業
「2018世界フェアトレード・デー㏌いわて」
フラワーチャームを作ってみよう:環境学習交流センター内にて
参加者:30名
身近な材料(トイレットペーパーの芯)を使ってフラワーチャームを作りました。
基本のお花をもとにリサイクルカラーペーパーを使ってさらにかわいい花が出来ました。
参加者の皆さんと共にトイレットペーパーの芯からごみ問題に花が咲きました。ボランティアスタッフで参加のKさん「奥州市の学校は芯なしトイレットペーパーを使用していた。学校関係は全部そうなのかなと思っていたら盛岡の学校は違っていたのでびっくり。」などの情報を聞くことが出来ました。参加者の皆さんの作品を紹介します。(お顔が映っている方は許可済み)

 L1100564.JPGL1100565.JPG   IMG_1917.jpg IMG_1918.jpg IMG_1922.jpg IMG_1920.jpg IMG_1924.jpg  IMG_1919.jpg L1100572.JPG L1100569.JPG IMG_1921.jpg IMG_1923.jpgIMG_1925.jpg

講座名:『今伝えたい地球温暖化最前線国・キリバスの事=いつまで他人事=』
開催日:5月12日(土)10:30~12:10:30~12:30
会 場:岩手県民情報交流センターアイーナ5階 501会議室
講 師:ケンタロ・オノ氏
   (一社)日本キリバス協会代表理事
    前キリバス共和国名誉領事・大使顧問
参加者:43名

P5122619.JPG P5122620.JPG P5122623.JPG
 前キリバス共和国名誉領事のケンタロ・オノ氏をお迎えし『今伝えたい地球温暖化最前線国・キリバスの事=いつまで他人事=』と題して市民公開環境学習講座が開催されました。
 岩手県地球温暖化防止活動推進員研修会の一環として行われた本講座は一般の方々も含め43名でキリバスの危機的状況への理解を深めることが出来ました。地球温暖化の影響を受け、今まさに国の存続が危ぶまれている状況。移住を余儀なくされている現状をキリバスに住み、現地の方々と共に長年暮らした経験を持ち、キリバス国籍を取得されたケンタロ・オノ様の言葉だからこそ心に響くものがあります。私たちができることは限られています。キリバス共和国の移民しなければならない状況を知るとともに温暖化防止活動がもっと推進できるようしていかなければと気持ちも新たになった講座でした。

 開催日:平成30年4月14日(土)
開催場所:アイーナ5階環境学習交流センター
講師:吉田 偉峰氏 一戸町観光天文台 台長  盛岡星まつり実行委員長
参加者:16名


第11回盛岡星まつりの一環として環境学習交流センターでは盛岡星まつりセミナーが開催されました。
途中参加者も含めると16名の参加となり中には3年連続参加していますという方もおられました。
参加者の皆様は昔とは違う現在の星空環境を知る機会となり、そこには光害が関係していることを学ぶことが出来ました。長野県、鳥取県に次いで「銀河県を目指しています」と話された吉田偉峰氏。どのようなところで星が見えるのか、また見えないのか、「いわての星空」を集める星空環境調査も行っているそうです。今日からあなたも夜空を見上げて見ませんか。


P1040210.JPG P1040208.JPG

今年の春から新しい平日講座が始まります。

まずは牛乳パックをリサイクルし、紙すきで手作りハガキを作ります。

次週の月曜日には、かわいい花のデザインをステンシルで描きましょう。

エコに関するミニ知識も学びながら、リサイクルを実践します。

★台紙と切り抜き -.JPG ★みほん.JPG ★ステンシル道具.JPG

日 時:416日(月)と23日(月)の2回講座 10301200 

※原則として、どちらにも出席できる方対象。

場 所:アイーナ5階 環境学習交流センター

対 象:一般・どなたでも

参加費:無 料

募集定員:12名 (先着順)

申込み:環境学習交流センター  TEL019-606-1752   

 

平成30年度 環境学習講座 開催のお知らせ

4月環境学習講座

※講座名:もりおか星空セミナー
 開催日:4月14日(土)13:30~15:00
 会場:環境学習交流センター
 講師:吉田 偉峰氏
 定員:30名申し込み不要 参加費無料
※同時開催:星空環境企画展 もりおか星空ギャラリー
 開催期間:4月2日~4月29日 9:00~19:00
 詳しくは下記チラシ参照の事

0002.jpg

※5月環境学習講座
 講座名:『今伝えたい地球温暖化最前線国・キリバスの事=いつまで他人事?』
 開催日:5月12日(土)10:30~12:30
 会場:501会議室 アイーナ5階
 定員:50名 要申込 参加費無料
 講師:ケンタロ・オノ氏
    一般社団法人日本キリバス協会・代表理事
    前キリバス共和国名誉領事・大使館顧問

0001.jpg
 

あなたが主催者となり開催するミニ講座の募集

環境学習交流センターでは、あなたやあなたのグループが主催し多くの県民の皆さまに環境に関連する活動内容紹介や知識・情報を提供するための講座の主催者を募集しています。
土曜日または日曜日の午後1:30~3:00 の時間帯でミニ講座を開催してませんか?(平日も可能です。また、時間帯についてもご相談下さい)
 
□どんな講座が対象となるのですか?
・あなたが考えてきたテーマやグループの活動内容、知識や情報を県民の々に知ってもらうための講座です。参加者とのディスカッションなども能です。講座の内容は環境に関連するものとします。
 
□集客はどうするの?
・お仲間、ご友人などにお声がけください。環境学習交流センターではHP での周知やセンター内へのチラシ(あたが作成されたもの)掲示、配架によるPR の他、一部マスコミ広報などへのお手伝いが可能です。
 
□講座の内容に制限はありますか?
・商品の販売を目的とするもの。特定の団体への勧誘、集金などを目的とするもの。特定の団体の政治活動を目とするものなどはミニ講座の対象となりません。講座の開催は原則無料です。材料費などがかかる場合は事前ご相談下さい。材料費が高額の場合、またミニ講座の内容が開催趣旨に沿わない場合は、講座の開催ができなことがあります。
 
□環境学習交流センターで用意してくれるものはありますか?
・会場はアイーナ5F 環境学習交流センターです。
・聴衆用椅子20 席ほど、スクリーン、PC、プロジェクター、マイク設備などをご準備いたします。その他ご相ください。
 
ミニ講座を開催したい方またはグループは、申込用紙に必要事項をご記入になりメール、FAX にてお申し込みださい。センターの主催行事などがある場合は、調整し日時を決めます。
なお、自主的な講座の開催を環境学習交流センターが応援するものですので、講師の謝金、旅費などのお支払いありません。
 
 
お問い合わせ 環境学習交流センター 〒020-0045 盛岡市盛岡駅西通1-7-1 アイーナ5F
TEL 019-606-1752 FAX 019-606-1753 E-mail eco@aiina.jp 担当 齊藤・櫻井
 

 

 

 

 

 

 

タイトル: 世界でもっとも早く太陽が昇る国 キリバスについて知ろう!
開催日時:9月17日(土)13:30~15:00
講師:小松千恵美氏
スタッフ:JICA岩手デスク1名、センタースタッフ1名
参加者:23名

IMG_1359.jpg IMG_1360.jpg IMG_1362.jpg  IMG_1364.jpg IMG_1365.jpg

 世界でもっとも早く太陽が昇る国 キリバスについて知ろう!
 たくさんの方に参加いただき活気あふれる環境学習講座となりました。遠くは東京、岩手県内でも軽米、大船渡、花巻の方々にもご参加いただきキリバスについての興味の深さが感じられる講座となりました。なんといっても30分の質疑応答が途切れることなく続き視点の違った質問に改めて学ぶことも多く、タイトル通りキリバスを知ることが出来ました。本当に良い時間を過ごすことが出来たと思います。
 今後小松氏は10月より東京の地で看護師としてお仕事をされる事が決まっているとのこと。岩手の地より更なる活躍を願っています。(エコハッチャンより)

 

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち環境学習講座カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは環境アドバイザー派遣です。

次のカテゴリは訪問学習です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ