環境学習講座の最近のブログ記事

カシオペア連邦地域の環境を学ぶ・シリーズ②
「知ろう!風力発電 学んでみよう星空環境」出張環境会&環境学習講座終了しました。
開催日:平成30年8月4日(土)10:00~13:00
場所:高森高原風力発電星風の丘&一戸町観光天文台
高森高原風力発電施設見学:企業局担当者説明と撮影(2名)
一戸町観光天文台星空環境環境学習講座:吉田 偉峰氏
スタッフ:2名
参加者:6名
①初めに星風の丘にて施設見学と風力発電が完成するまでの映像を視聴。
あの長い風力発電のポールを4つに分割して久慈港から110大のトレーラーで夜中に運んだとの事。
あの天文台のある山道はかなり狭いのでどうやって運んだのかとても興味深かった。
直角に運転席が曲がるトレーラーを使用、運転者の技術もすごいのだろうと想像できました。
風力発電は雷に弱いということでこれまでの稲庭の風力発電、雷の被害の経験からドイツ製の雷に強い風力発電を設置。全部で11基。そのうち6番目の高森高原まつりが行われる風力発電は周りの緑の環境に配慮し、下から緑色が5色グラデーションとなっている。
星風の丘の外壁に設置された発電状況モニターは手の形のところにタッチすると現在の状況が映像で知ることが出来る。一戸、二戸地域16000世帯の一年間の電気使用量を賄えるとのことです。5歳児と2歳児も参加し自然の中野の大きな風力発電にびっくりしたようでした。

【風力発電施設見学&現場見学の様子】

IMG_2629.jpg IMG_2631.jpg IMG_2638.jpg IMG_2639.jpg IMG_2659.jpg IMG_2667.jpg IMG_2650.jpg IMG_2658.jpg

②一戸町観光天文台の施設見学と星空環境について
あいにくの曇り空、雨で室内の見学、プラネタリウムを行いました。
環境学習講座では光害についても触れられ、一戸町の星空環境と自分が住む街の星空環境は違うことを学び、いかに街の明かりが星空を見えなくしているのかを考える機会となりました。天体望遠鏡の種類数もたくさんあり子供たちは興味津々。
一番大きな天体望遠鏡のある部屋では雨が止んだと同時に天井を開閉していただきその窓から外を眺めるなど普段体験できないことを体験することが出来ました。
【一戸観光天文台施設見学&星空環境学習講座の様子】
IMG_2668.jpg  IMG_2680.jpg 
 
山の上の昆虫たち:色彩がクリアだなーと思ったのはエコはっちゃんだけでしょうか?
IMG_2653.jpg IMG_2666.jpg

 カシオペア連邦地域の環境を学ぶシリーズ②
知ろう!風力発電★学んでみよう!星空環境イベントが開催されます。
開催日:平成30年8月4日(土)
集合場所:一戸町観光天文台 集合時間:9:50
参加無料

先日開催された縄文の時にふれる自然観察会シリーズ①に引き続きシリーズ②として
カシオペア連邦地域の環境を学んでみましょう!!
今年1月に完成した風力発電の施設見学と観光天文台での昼間の天体(星)観察を行います。
詳しくは下記URL参照の事
風力発電企画.pdf


0001.jpg 0002.jpg
 

環境学習講座: 旬を感じてみよう~夏野菜まるごとクッキング~
開催日:7月28日 10:00~13:00
開催場所:アイーナ6階調理実習室
講師:若生和江氏
参加者:20名
スタッフ:2名

夏の企画親子でエコクッキングが開催され楽しい講座となりました。
メニュー:夏野菜カレー、
    :トウモロコシごはん
    :簡単漬け物
    :ミニトマトのシロップ煮
幼児も小学生もそれぞれが楽しみながら自分でできること頑張りましたね。
旬のトウモロコシは芯もカットして入れると甘味、旨みが出るようで炊き上がったご飯は見た目もきれいで食欲が一気にわいてきました。簡単漬け物はみんなで味が染みるようにとの思いを込めて袋を「フリフリ」、ミニトマトは爪楊枝で皮に穴をあける作業をして湯向きが簡単にできる方法を学びました。みんなエコクッキングが初めてという割には包丁さばきもとっても上手でした。
ふだんなかなかこどもとかかわる時間が持てないので「今日は良い日となりました」と感想を言ってくれたお父さん。親子の絆が深まったようです。自分で作ったカレーはとってもおいしかった!と感想を言ってくれた男の子。今度は恐竜のクッキーづくりをしてみたいそうです。
最後は洗剤や水を使いすぎない洗い方を学んでからみんなで食器洗い。子供たちが急に大人になったような・・・率先してお片づけをしている姿がとっても素敵だった。(エコはっちゃんより)

IMG_2479 (1).jpg IMG_2488.jpg IMG_2477.jpg IMG_2489.jpg IMG_2491 (1).jpg  IMG_2502.jpg IMG_2497.jpg IMG_2500.jpg IMG_2494.jpg

アイーナインフォメーション8月号発行

「アイーナインフォメーション」の2018年8月号が発行されました!
なんと!今号は、環境学習交流センターがTOP記事を担当しています。
いわて夏エコ☆キャンペーンの告知や、夏休み期間のイベント情報など、
盛りだくさんですので、ご覧になってみてくださいね

その他、アイーナ各入居施設ご利用の参考に、どうぞご覧ください。
本チラシはアイーナ内でも配布しています。

(画像をクリックすると拡大)

aiinainfo201808_1.jpg

aiinainfo201808_2.jpg

 *PDFのデータはこちらから ⇒ アイーナインフォメーション8月号 

夏休み自由研究におすすめ 「知ろう地球温暖化!」

夏休み自由研究におすすめ「知ろう地球温暖化!」
開催日:平成30年8月7日(火)8日(水)10日(金)14日(火)15日(水)17日(金)
時間:14:00~15:00
会場:アイーナ5階 環境学習交流センター内
対象:小学生などで地球温暖化の仕組みや温暖化対策について知りたい方とその保護者
地球温暖化防止コミュニケーターの資格を持っている推進員と一緒に地球温暖化について知ってみよう!
 詳しくは下記チラシ参照

0001 (5).jpg

※定員に達しましたので、申込を締め切らせていただきます。

夏休み向けの特別企画
家づくりのプロの講師の方に、家づくりへの思いやエコハウスのポイントなどをお話しいただき、
北国岩手ではどんな工夫が大切かなどを学びます。
夏休みの工作や自由研究にもぴったり!?な企画です。ご参加をお待ちしております!

夏休み特別企画!
未来に続く家づくり
〜リサイクル材料でつくるエコハウス工作教室〜

20180804.jpg

日時:8月4日(土)10:00〜12:00
会場:アイーナ5F 環境学習交流センター
対象:小学生以上(低学年以下は保護者同伴)
定員:15組(30名程度) ※要申込み 

★材料は木っ端や段ボールなど(材料協力:岩手県森林組合連合会、川嶋印刷株式会社)
★講師は、住工房森の音の代表取締役 櫻田 文昭 氏 です。
★自分で作ったエコハウスはお持ち帰りもOKです!

<お申込み・お問合せ> 環境学習交流センター
 盛岡市盛岡駅西通1−7−1 アイーナ5階
 TEL 019-606-1752 FAX 019-606-1753  E-mail eco★aiina.jp(★を@に変えてください)

 

※定員に達しましたので、締切りました。

7月環境学習講座

夏休み親子エコクッキングが開催されます。
若生先生と一緒に~エコクッキング~を楽しみましょう!!
0001 (4).jpg

開催日:7月28日((土))10:00~13:00(調理試食片付けまで)
講座名:~旬を感じてみよう夏野菜丸ごとクッキング~
集合時間場所:アイーナ6階調理実習室
定員:親子10組 要申込
申し込み締め切り日:7月20日(金)
参加費:500円(材料費)
持ち物:エプロン、三角巾
講師:若生 和江氏 
プロフィール:岩手県食の匠、岩手県地球温暖化防止活動推進員、岩手県環境アドバイザー

詳しくは下記チラシ参照の事
0728エコクッキング.pdf

 

 

 先月に引き続き、月曜リサイクル・ぷち講座の第2弾を開催いたしました。今日は牛乳パックをリサイクルしてハガキの台紙作りの回です。まずは前半、岩手県のゴミ問題について学び、「3R」について知識を深めた後は、「わんこ節電所」にも参加していただき、日頃それぞれが取り組んでいるエコについて話し合いました。

P1040426.JPG P1040429.JPG

そして後半はいよいよリサイクルはがき作りです。牛乳パックの防水性について紹介し、紙すきができるようにするまでの作業工程を説明しました。納得したところで紙すきを実践していきます。参加者の中には、なかなか思うようにいかずに、やり直しをする人もいましたが、最終的にはみなさん素晴らしいハガキが完成しました。

P1040430.JPG P1040433.JPG P1040444.JPG

今日作ったハガキは各自家に持ち帰って、しっかりと乾かしてもらいます。そして来週はバラの花のデザインを、使い終わった封筒や歯ブラシを使ってステンシルで描いていきます。素敵なリサイクル作品が出来上がるといいですね。

 フェアトレード連携事業JICA東北×環境学習交流センター

開催日時:5月19日 12:00~12:45
会場:5階会議室
対象:高校生以上・一般
講座名:「SDGS(エス・ディー・ジーズ)とつながる一歩」
参加者:13名
講師:JICA東北 環境学習交流センター
 国連は貧困や格差、環境など17分野で2030年までに達成を目指す「持続可能な開発目標を掲げています。世界の未来を変える17の目標が自分とどのようにつながっているか?一人ひとりがどんなことが出来るのか思いを広げていくワークショップを行いました。
まず初めにJICA東北よりMDGS、SDGSの概要説明
MDGSが8つの目標であったのに対しSDGSは17の目標。どのような違いがるのかなど対比して説明していただきました。
環境学習交流センターでは環境の視点から海に浮かぶプラスティック片についてをテーマに参加者の皆さんとどの目標に当てはまるか考えていただきました。元気に泳ぐ魚たちの映像から岸辺に打ち上げられたクジラの映像、30キロものプラスティック類を呑み込んで死んでしまったクジラの写真を見ていただきました。このプラスティック類がなぜ海にあるのか考えていくうちにSDGSの目標「12つくる責任,つかう責任」、「14海のゆたかさを守ろう」、「11すみ続けられるまちづくりを」など参加者の皆さんから目標が掲げられました。白化したサンゴの映像からは海の温暖化へとつながり「13気候変動に具体的な対策を」の目標が掲げられ自分のすべきことへとつなげることが出来たワークショップとなりました。
P1040397.JPG P1040413.JPG P1040393.JPG P1040403.JPG

 

 

(公財) 国際交流協会・JICA東北・環境学習交流センター連携事業
「2018世界フェアトレード・デー㏌いわて」
フラワーチャームを作ってみよう:環境学習交流センター内にて
参加者:30名
身近な材料(トイレットペーパーの芯)を使ってフラワーチャームを作りました。
基本のお花をもとにリサイクルカラーペーパーを使ってさらにかわいい花が出来ました。
参加者の皆さんと共にトイレットペーパーの芯からごみ問題に花が咲きました。ボランティアスタッフで参加のKさん「奥州市の学校は芯なしトイレットペーパーを使用していた。学校関係は全部そうなのかなと思っていたら盛岡の学校は違っていたのでびっくり。」などの情報を聞くことが出来ました。参加者の皆さんの作品を紹介します。(お顔が映っている方は許可済み)

 L1100564.JPGL1100565.JPG   IMG_1917.jpg IMG_1918.jpg IMG_1922.jpg IMG_1920.jpg IMG_1924.jpg  IMG_1919.jpg L1100572.JPG L1100569.JPG IMG_1921.jpg IMG_1923.jpgIMG_1925.jpg

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち環境学習講座カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは環境アドバイザー派遣です。

次のカテゴリは訪問学習です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ